COLUMN

『facebookのデザインをかっこよく決めるには?』

今回はfacebookのタイムライン化に伴い、ページのメインとなるカバーデザインについて「あっ、これ便利!」というサービスや、情報をまとめてみました。 まずは、自分でカバーデザインを撮影して、かっこよく決めるiPhoneアプリのご紹介です。iPhoneで撮った写真を無料で加工して、すぐにFacebookに登録することができちゃいます。 「Facebook Cover Dsigner」 2f7ff2dfb0c1dc02541221b05d843506-e1330603441203.png Facebookページの新デザイン化に伴って、カバー写真やアプリタブ画像を作成する際に「画像サイズはいくつなの?」と困っている方も多いのではないでしょうか。そこで新Facebookページに使われている全ての画像サイズをまとめてみました。 ・カバー画像のサイズ 851px × 315px ・プロフィール画像サイズ 180px × 180px ・アプリタブ画像 111px × 74px また、自分でカバー画像を撮影するのは面倒だから、無料でカバー写真のデザインから選びたい!という方にはこんなサービスサイトもありますよ。 1)COVER JUNCTION   海外のカバー写真の素材サービスで、素材は500枚以上はあります。 2)FACE IT PAGES   写真素材サービスです。用意されている写真を元にFacebook・twitter・ブログなどのソーシャルメディアアカウントを紹介できる事が特徴です。 3)COVERCANVAS   カバー写真作成サービスで、用意されている画像素材と自分の持っている写真を組み合わせて、カバー写真を作ることが出来ます。 Facebookページを運営されている方には、こちらの「カバー画像デザイン70選」も参考になりますよ。