COLUMN

『今、使えるクラウドストレージサービスってどれ?』

最近「クラウドサービス」って随分身近になって来ましたね。皆さんも一番簡単に使っているのは、ドロップボックスのようなストレージサービスではないでしょうか。 4月にはGoogleが独自のクラウドストレージサービス『Google ドライブ』を開始。Microsoftもクラウドストレージ「SkyDrive」を、Mac、iOS向けに強化したとか。 freeimage_120506.jpg そんな、日々進化するクラウドストレージなんですが、容量や価格、アプリの有無などから、どれがどういいいのか?簡単に所感を述べてみました。 まずは 『Dropbox』  みなさんご存じのストレージ。無料プラン2GB 『Amazon Cloud Drive』 簡単さで選ぶならNo.1。できることは基本的なファイル操作のみ、アップロードボタンは大きくわかりやすい。 『Google ドライブ』 無料プラン5GB、最大容量はなんと16TB(月額800ドル) 『Naver Nドライブ』  意外とノーマーク、無料ディスク容量では最大30GB! 『box』 簡単さがウリ、ブラウザー上にファイルをドラッグ&ドロップできて便利。 『Firestorage』 一時的なファイルの受け渡しに便利。なんといっても通信速度が圧倒的に早い! 『SkyDrive』 『Yahoo!ボックス』  レジェンドも有料50GB使ってます。早くMac対応してほすぃ。 これだけクラウドストレージサービスが充実してくると、運用、安全面からも『外付けハードディスクを購入して、自宅でバックアップとって...』という、今までの考え方が変わってきますよね。