『スティーブ・ジョブズ 世界を変えた言葉』アラン・ケン・トーマス編集  (勝手に書籍サマリー!)

今回からReal iDスタッフで、自分の好きなジャンルでブログ始めました。
というわけで、レジェンド鈴木の担当ジャンルは「ビジネス書」です。(それ以外も入るとおもいますが)私が読んだ書籍でオススメのものを紹介していきます。
41XcU3QsgzL._SL500_AA300_.jpg
 
今回、私レジェンド鈴木がご紹介したいのは、
スティーブ・ジョブズ 世界を変えた言葉」アラン・ケン・トーマス編集
です。


■こんな方にオススメ
クリエイティブな仕事をしている方には面白い本だと思います。デザイナーやプログラマー、企画を創作して、物事を作り上げていく仕事をしている方ですね。サラサラっと読める本なので、気に入ったフレーズだけメモしておけば、思い悩んだときに役立つと思います。
■所感
私も少し前までは「デザイン」ってとても抽象的で、人によって何がかっこいい、かっこわるい、善し悪しが違うもの、と思い込んでいました。
ですが、ジョブズの考え、アップル製品にいろいろ触れることで考えが変わりました。デザインというのはその製品、サービスがいかに上手く機能するか、ということなんですよね。シンプルなものは使いやすい。
だけどそこに辿り着くにには、複雑なものを作るよりもよっぽど労力がかかるわけです。
またこの本は、自分が好きなことをやっていれば、人間道が開けるんだなぁ、とも気づかせてくれました。私も2009年起業当初は何をしていいのか、何をすればいいのか、はっきりしていませんでした。
だけど、一つ出来ることを見つけて、ただそれだけを一生懸命やったことで、いろんな可能性、人脈が拡がりました。だから、この本を読んでいて他人事ではなくて、実体験としてとても身近に感じることが出来ますね。
■最後に私が気に入っているフレーズを紹介致します。

・これから何が起こるのかは分からなくても、何処へ向かっているのかを感じとることはできる。
・昨日のことを思い悩むのではなく、明日を切り拓いていこう。
・一見、複雑そうに見えるモノでも、調べて学べば理解できる。
・ノーと言うことによってのみ、本当に重要な物事に集中できるのだ。
・デザインは単なる外見や手触りではない。デザインは、どう機能するか、なのだ

追伸
実は私レジェンド鈴木は、2004年くらいから「読書サマリー」というものを、独自に書き綴っております。テキストで保存しているだけですので、人に公開することはありませんでした。
年間100冊くらい?1週間2冊くらいは、何かしら読んでおりますので、ボチボチ公開していきます。普段忙しい皆さんのお役に立てれば幸いです。
またご意見など、こちらのブログコメントコーナーや、Facebookページのほうでお待ちしております。

ライター鈴木宏一

関連記事

  1. Amazonプライムはコスパ最強!メリットがありすぎる!!無料体験で特…

  2. 内向的でもいいじゃないか、創作活動について我想う

  3. 自己の「アイデンティティ」と「ステータス」の違いについて考える

  4. 【第2回】就職活動中の大学生むけ「ソー活セミナー」を開催しました。

  5. 2011年 新年のご挨拶

  6. ディズニーピクサー作品から学ぶ「人生観」について

  7. 月額費用、決済手数料が無料の決済サービス「SPIKE」を使ってみた!

  8. 『米国で噂Appleの秘密兵器「iBeacon」でO2Oサービスの企画…

制作実績一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP