COLUMN

『脳が冴える15の習慣』築山節 著 NHK出版 (勝手に書籍サマリー!)

脳が冴える15の習慣 築山節 著  NHK出版  311VET2YAHL.jpg ここ2年くらいでしょうか、特に意識しているのは「クリエイティブな仕事」をすること。ん?一言で「クリエイティブ」って言われても分かりづらいですよね。それを、とてもとても簡単に言うと ・自分の脳みそにある情報を整理して、引き出し、まとめて企画にして実行すること。 ・且つそれで報酬を得ることです。 最後が一番大事ですね。 会社員時代は、それが全く出来てませんでした。「クリエイティブ」って聞けば、すごい閃きとか、発明とか、デザインとか考えていました。でも、それって実は自分の脳みその中にあって、いかにして人に上手く伝えるか、ということなんですよね。 私に、その肝心な脳みそを鍛える、という事を教えてくれたのがこの本なんです。 ご参考までに、私が好きなフレーズを幾つか上げてみます。 ■私の好きなフレーズ
・脳の基本回転数を上げるには、時間の制約が必要である。 ・試験を受けている時間を一日に何回作るか」が重要である。 ・前頭葉は脳の司令塔、現在人は脳のタフさが欠けている。  めんどくさい家事などをこなすと、耐性ともいうべき力が付いてくる。 ・複雑な組立が要求される仕事でも、まずは書くことから始めると良い。 ・忙しいときほど身の回りの者を整理することから始めること。 ・ひらめき、想像力、クリエイティブな才能などと呼ばれるものは、脳の総合力である。
■こんな人にオススメ ・企画の仕事をしているのに、デスクの上が常に散らかっている人。 ・パソコンのデスクトップにアイコンが散乱している人。 ・家事を手伝う時間が、バカバカしいと思っている人。 ■後書き ・めんどくさい事って大事なんですよね。小さな事が出来ない人(脳)は、大きな事も出来ない!って事なのかな。 ライター レジェンド鈴木