COLUMN

「ワークシフトプロジェクト」始動!

 先日、参院選があり国民の政治意識がやや高まっていますね。少し気になったのは「ブラック企業」という言葉。共産党のマニフェストなどに掲載されておりましたね。Real iDでは今の日本人の働き方について真剣に考え、間違っている所は声を大にして発信して行きたいと思います。 まず今回取り上げるのは「長時間労働」について。皆さんの周りでも沢山いらっしゃると思います。該当する人は、だいたいこんな項目に当てはまりますよね。 freeimage_130706.jpg
  • 忙しくて夏休みが取れない...。
  • 有休消化?そんなの退職する時だって出来ないよ。
  • 昨晩も終電で帰ったよ。平日は家族の寝顔しか見ないし、週末はぐったり。
  • 上司が定時過ぎても帰らないから、部下はみんな帰りづらい。
  • 会議にやたらと招集されるけど、特に発言はしない、正直眠いだけ。
  • 毎週月曜日の朝は会社に行くのが憂鬱だ...。
などなど...。これ、数年前までのレジェンドに全部当てはまりますけどー。(´д`) また、こういう会話は非常に危険です。長時間労働に拍車を掛けてしまいます。 Aさん「最近忙しいですか?」 Bさん「はい、人は減るのに仕事は増える一方で...」 Aさん「ですよね、Bさんも頑張ってくださいね」 Bさん「はい」(みんなそうなんだな、俺もマジメに頑張ろう) 日本の長時間労働はいろんな問題を生み出しています。自由な時間や遊ぶ時間、消費時間が減るわけですからね。
  • 日本人の初婚が30歳を越える
  • 出生率が上がらない
  • 離婚率の上昇
  • 趣味や余暇の時間が減るから合コンにも行けない
  • うつ病になる
などなど...。 ですが、私の場合こうです。 Aさん「最近忙しいですか?」 レジェンド「ぼちぼちですね、けっこう暇ですけど」 Aさん「そ、そうなんですか...」 という感じで会話終了。 「自分は忙しくて頑張ってる!」という人ほど、周りがどうか知りたいので、この「最近忙しいですか?」という愚問を口にしてしまうのです。(経験上そう思います) レジェンドの会話は、一見すると嫌なヤツに見えるかもしれません。まるで中学、高校時代、試験前に思いっきり勉強しまくってたくせに「あー俺、全然勉強してへんわ〜」みたいなヤツ。(必ずいましたよね...) でも、いいんです。長時間労働で頑張っているのはわかります。仕事も会社の人間関係も大事です。でもでも、間違った方向に時間と勢力をつぎ込んでしまっている、ということに誰かが警鐘を鳴らさなくてはなりません。 ちなみに、Real iDでは効率的な時間を創出するために、以下のことを実行しております。 × 会社に毎日出勤しません。 × 定例ミーティングはやりません。 × 電話は一部しか取りません。 × FAX複合機はありませんし、紙に印刷しません。 × 社内イントラネット、サーバーはありません。 × 午前中から営業は行きません。 × 嫌いな人の仕事はもうやりません。 Real iDは今年から「ワークシフトプロジェクト」を始動します。これは地方で子育てをしながら、自分の好きな時間、場所、スタイルで仕事をする環境を創っていく、という活動です。具体的な活動は当サイトで発表して参りますので、関心のある方は、情報拡散を宜しくお願いしますね。 ------------------------------------------------------------- ▼過去のリアルブログはコチラ(2009.04~2012.07) ▼起業のキッカケとなった事件はコチラ(2009.07)