「ついに出た!Bluetoothでアプリの要らないEddystone!」

昨年から、店頭への誘導などで使えるiBeacon。こちらは、ユーザーのスマートフォンにBeacon対応アプリがインストールされていないとBeaconは機能しません。そう、それが一番の課題でもありました。
しかしこの度、7月14日にGoogleが発表した「Eddystone」(エディストーン)はブラウザさえあれば、なんとユーザーにURLなどの情報を送ることが出来てしまうそうです。
「Eddystone」は、スマートフォンとの通信機能を可能にするBLE(Bluetooth Low Enegy)デバイス用のオープンソース・プラットフォームで、AndroidとiOSの両方に対応しているそうです。
アプリが無くても、ユーザーが対応したスマホを持っていれば、URLを通知して見せたいWebを表示させることができるのは画期的ですね。


tumblr_nq5cqeAZF61ted1sho1_1280.jpg

関連記事

  1. 検索エンジンの順位を信じない

  2. 『シングルソース調査とは』

  3. 『ところでオープンソースって何んだい?』

  4. 『ところで、ビッグデータって何?』

  5. 『ソーシャル五輪って?』

  6. 『iPhoneで使えるブラウザーはサファリだけではない!』

  7. W3C基準のチェックマークって何?

  8. 『ソーシャルグラフって何?』

制作実績一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP