中国製ドライブレコーダーの実力ってどう?

少し前になりますが、最近、高速に乗ることが多くなった為、何かと話題の最新のドラレコをアマゾンで購入。

AUTO BOX V6

という商品。中国製ですがスマートなデザインで気に入っています。取付は後方カメラまで設置すると配線が大変ですが、使い勝手はとても良いです。

ルームミラーに設置するので、見た目はとてもシンプルです。

タッチパネルもスマホなみの感度の良さに満足しています。

 

映像もフルハイビジョンまで対応しており、きめ細かくクリアです。実際に最近走った映像がこちら。
関越道を東京から長野方面へ向かっています。途中のトンネルも映像くっきりですね。

日本製の売れ筋ドライブレコーダーですと、デジカメみたいなものをダッシュボード上に設置するタイプが売れていますが、見た目はちょっといまいちです。

その点、中国製で配線設置は少し手こずりますが、ルームミラー一体型はデザイン的にシンプルで大変気に入っています。

今後の5G SIMの登場で大量通信ができるようなれば、ドライブレコーダーで録画したデータをすべてクラウドに保存。

そして事故発生直後に、現場に急行しなくても保険会社は現場検証と査定が終わっている時代になるんでしょうね…。

そんな近未来が垣間見える商品でした。

関連記事

  1. 成功率79%!下着通販で”ねだる”という究極の…

  2. 常識を破れ、情報があれば遠隔で中古車でも売ってみせる!

  3. 『スマホ×位置情報のハイヤーサービスでイライラ解消!』

  4. 『洋服の青山オンラインストアのマイサイズ機能っていいな』

  5. Facebookは日本でもブレイクするのかレポート

  6. 『実況!スマホ利用で変化する日本の通販スタイルについて』

  7. 『GPSアート×ランニング×いいね』

  8. 加速するネットスーパーの影に、ネットとリアルの勢力図を見た!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP