『三菱ふそう、自動運転レベル2搭載の大型トラックを2019年発売へ』IoT・AIニューストピックスまとめ(2018.9.26発行)

今話題のIoT、AIに関するニュースをまとめて配信します。随時更新していきますのでお楽しみに!
気になった方は今すぐブックマークしてくださいね。ニュースレター登録やFacebook、Twitterのフォローもオススメですよ!

三菱ふそう、自動運転レベル2搭載の大型トラックを2019年発売へ

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は9月20日、大型トラック『スーパーグレート』に「レベル2」の自動運転機能を搭載し、2019年より発売すると発表した。三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)…response.jp

アマゾンが新Echo / アレクサ家電をフライング掲載。サブウーファーのEho Subやスマートプラグなど

うわさのAmazon Echo関連製品が発表を待たずネットに流出したようです。欧州のAmazon.co.ukにフライング掲載されすぐ取り下げられたという商品は、Echoと接続して使う100W出力の…gori.me

ダイソンのIoT家電は人に寄り添う

発表会の冒頭で「人工的な照明が開発されるまで、人は太陽光のサイクルに合わせて活動していた。照明のおかげで日没後も活動できるようになったが、一方で明かりが体内時計に影響し、…trendy.nikkeibp.co.jp

iPhone XS/XS Maxを開封ゥ~! ゴールドがよい感じ!

アップルが9月21日に発売するiPhone XS/iPhone XS Maxが編集部に届きましたので、さっそく開封の儀といきましょう。ちなみに届いたのはiPhone XSがシルバー、iPhone XS Maxが新色のゴールド…ascii.jp

エヌビディアの最新AIコンピュータ、ヤマハが採用へ…陸・海・空の自動運転に

エヌビディア(NVIDIA)は9月13日、日本で開幕した「GPU テクノロジ カンファレンス (GTC) ジャパン」において、同社の最新AIコンピュータ「Jetson AGX Xavier」を、ヤマハ発動機が陸・海・空…response.jp

SONY“看板犬”にブランド復活託す 米で新型アイボ発売、先進機能強調

ソニーは18日、人工知能(AI)を搭載した新型の家庭用犬型ロボット「aibo(アイボ)」を米国で発売した。日本で今年1月に約12年ぶりに発売し、人気を集めた。経営不振から回復した…sankeibiz.jp

関連記事

  1. 『テスラ、「Model 3」新車にリモート自動駐車機能「Summon」…

  2. 『これからはモビリティが最上位概念であることを示したCES2018』I…

  3. 『Apple、ARメガネを2020年まで、Apple Carを2025…

  4. 『完全自動運転車でアウトドアスポーツ、VW セドリック に進化版』Io…

  5. 『BionicGym 寝ながらマラソンができるデバイス』IoT・AIニ…

  6. 『音声操作で注げる、バーボン用「スマートデキャンタ」を米ジムビームが1…

  7. 中国製ドライブレコーダーの実力ってどう?

  8. 『インターネットの可能性に依存した未来』IoT・AIニューストピックス…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

制作実績一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP