2015年商業施設オープン予定カレンダー(2015.11.12更新・全国エリア毎まとめ)

Real iDは商業施設むけのO2O、オムニチャネルといったサービスに特化しております。という事で2014年版に引き続き、な、なんと!「2015年商業施設オープン予定カレンダー(全国エリア毎まとめ)」をご用意しました。気になった方は今すぐブックマークしてくださいね。適宜更新して参りますので更新が気になる方はニュースレター登録FacebookTwitterのフォローがオススメですよ!2017-22年版もあるよ

※商業施設オープン予定カレンダーは月3回の弊社独自調査により、情報を常に更新しています。更新履歴はコチラ

comand_f.pngお探し商業施設はブラウザのページ内検索機能を使ってね。ショートカットキーは「Control + F」(Windows)、「Command + F」(Mac)で、IE/Firefox/Chrom共通ですよ。スマホの方はブラウザのメニューから「検索」できますよ。

SC_banaer02.png

お探しのエリアをクリックして下さい


<北海道>

【施設名】イオンモールJR旭川
【オープン予定】2015年3月
【計画地】北海道旭川市 
【開発者】イオンモール(株)
【面積】18,100平方メートル 
旭川中心部の活性化を目的にした旭川駅周辺開発事業「北彩都あさひかわ」に併せて建設する駅直結の複合ビル低層階(1-4階)に展開するショッピングモールで、店舗面積の合計は約1万9000平方メートル。開発コンセブトは『賑わい、つながり、広がる旭川新交流拠点』となっている。

詳細ページはこちら


hurespo.jpg

【施設名】フレスポ恵み野
【オープン予定】2015年4月
【計画地】北海道恵庭市
【開発者】大和リース
【面積】22,020平方メートル
フレスポは同社が全国展開する大型複合商業施設で、恵庭はオープンモール形式を予定している。恵庭市恵み野駅西口土地区画整理組合(灘本哲雄理事長)が進める、JR恵み野駅西口周辺の土地区画整理事業に伴う事業。

詳細ページはこちら



ieon_b.jpg
【施設名】(仮称)イオン室蘭
【オープン予定】2015年秋-2016年春
【計画地】北海道室蘭市
【開発者】イオン北海道(株)
【面積】2万1000平方メートル
室蘭市東町の商業施設、イオン室蘭店が2016年(平成28年)春をめどに、寿町の旧東中学校跡地に移転する計画が進んでいる。売り場面積は現行店舗の2倍、新店舗のテナント数は現行の12店舗から5倍程度の50-60店舗になる見通し。災害時の避難者収容人数は、施設全体でおよそ5千人を想定している。


hurano.jpg
【施設名】ネーブル・タウン(仮称)
【オープン予定】2015年6月
【計画地】北海道富良野市
【開発者】ふらのまちづくり
【面積】9,100平方メートル
旧富良野協会病院跡地北側の未利用地を含む 2,000 坪を「ネーブル・タウン(仮称)」による再開発によって、日常生活に必要な様々な機能と居住空間を集積し、お年寄りや一般市民が歩いて用がたせる利便性に富んだ中心市街地を創出していきます。


zerogaate.jpg
【施設名】札幌ゼロゲート
【オープン予定】2015年12月25日
【計画地】札幌市中央区
【開発者】株式会社パルコ
【面積】1,867平方メートル
新商業施設は、札幌駅からすすきの駅まで続く地下通路、地下街「ポールタウン」と地下2階レベルで段差なく接続するバリアフリー導線を設け、来街者の利便性向上を図るとともに、札幌パルコから連続する魅力的な商業空間を創出することで、周辺エリアの回遊性を促進、賑わいの創出に寄与するという。


<岩手>

hanamaki.jpg
【施設名】(仮称)花巻南新田タウン
【オープン予定】2015年
【計画地】岩手県花巻市
【開発者】株式会社カミヤマ
【面積】11,777平方メートル
小売業者はいわて生協が延床面積3、849平方メートルで食品スーパーを展開するほか、ホームセンターのサンデーが同3、800平方メートルで出店、そのほかに書店、ドラッグ、カー用品などの物販、及びコインランドリー、理髪店、飲食店2店舗、遊技場(ゲームセンター)が届出の対象。他に集客施設ではない医療施設2棟(床面積計601平方メートル)も併設される。予定地は東北自動車道沿いの農地跡で「JAいわて花巻」近く。予定地から花巻市中部および西部地域にかけ半径4km内を商圏とし、一日当たりの利用者は11、091人と見込んでいる。



<宮城>

vivahome.jpg
【施設名】スーパービバホーム中山店
【オープン予定】2015年10月下旬
【計画地】仙台市泉区
【開発者】株式会社LIXILビバ
【面積】13,000平方メートル
スーパービバホーム仙台中山:2015年10月下旬オープン。





nagamachi.jpg
【施設名】長町駅北部高架下商業施設
【オープン予定】2015年12月10日
【計画地】仙台市太白区
【開発者】JR東日本東北総合サービス株式会社
【面積】1,586平方メートル
JR東日本グループでは、グループ経営構想の柱の一つである「地域に生きる」を踏まえ、 「駅を中心としたまちづくり」を進めています。 今回、JR長町駅の北側高架下に駅直結の地域密着型商業施設を建設します。 開発にあたっては、駅西側(既存商店街)と駅東側(あすと長町エリア)を繋ぎ、回遊性 の向上による街の賑わいづくりを図るとともに、利便性の高い店舗づくりを行うことにより、 長町地区全体の魅力を高めていきます。




sendai-higashi.jpg
施設名】(仮称)仙台駅前東口開発計画
【オープン予定】2015年-2017年
【計画地】仙台市青葉区
【開発者】東日本旅客鉄道(株)
【面積】未定
仙台駅東口再開発計画は、仙台駅2階の東西自由通路を再整備し、駅ホーム上に商業施設棟を2棟、東口にホテル棟などを建設する大規模な駅舎再整備計画です。通路は現在の幅6mから16mに拡幅、3階相当の吹き抜け構造なり、仙台市中心部のアーケード街と同規模の広い空間が確保されます。屋根はガラス張りにし、通路の中央には樹木を配置して「杜の都」らしさを演出する計画。


<福島>

furesco.jpg

【施設名】フレスコキクチ岩沼NSC
【オープン予定】2015年7月中
【計画地】岩沼市
【開発者】キクチ
【面積】4067.7平方メートル
生鮮食品を扱うキクチ(本社:福島県相馬市、菊地逸夫代表取締役)は岩沼市内に新店舗の建設を計画し、大規模小売店舗立地法に基づく新設届出書を県に提出した。これを受け、県は4日に概要を公表。建築面積4000平方m程度の複合店舗を、26年7月中にオープンする予定。



<群馬>

ikea_logo.jpg

【施設名】(仮称)IKEA前橋店
【オープン予定】2015年-2016年
【計画地】群馬県前橋市
【開発者】(株)イケアジャパン
【面積】未定
イケアは群馬県前橋市に、北関東初の店舗を開設すると発表した。全国で計画中のものを含め10店目となる。前橋市南部の土地約6万8千平方メートルの売買契約を締結した。北関東自動車道の前橋南インターチェンジの近くの「パワーモール前橋みなみ」内で、コストコホールセールジャパンの大型スーパーなどがある。


<茨城>

bivi.jpg

【施設名】BiViつくば
【オープン予定】2015年9月5日
【計画地】茨城県つくば市
【開発者】大和リース株式会社
【面積】8572平方メートル
「BiVi つくば」は、つくば市の玄関口であるつくばエクスプレス つくば駅前に出店します。 5 階建の施設にはカフェや飲食店、保育園、学習塾などが出店するほか、1、2 階 には、公共施設、交通ステーションが入居します。 BiVi つくばは、地域の新しい交流の場、また情報発信の基地として中心市街地のさらなるにぎわいづくりを目指します。

<埼玉>

【施設名】コクーン2 
【オープン予定】2015年春4月24日
【計画地】埼玉県さいたま市大宮区
【開発者】片倉工業(株)
【面積】3万5000平方メートル
さいたま新都心の東側の広大なエリアが、新施設や大規模なリニューアルによって、新たな商業エリア「コクーンシティ」に生まれ変わる。これまでの「コクーン新都心」は「コクーン1(ワン)」と名称変更、建設中の新施設が「コクーン2(ツー)」、現在はイトーヨーカドーが入っている施設が「コクーン3(スリー)」となり、総営業面積7万3000平方メートルの巨大商業エリアとなる。

詳細ページはこちら


unics.jpg

【施設名】ウニクス川越 
【オープン予定】2015年3月13日 
【計画地】埼玉県川越市 
【開発者】(株)ビーアンドディコンサルティング 
【面積】6095平方メートル
スーパーや専門店、医療機関予定。 鉄骨4階建て、駐車台数は約300台。






lalaport_fujimi.jpg

【施設名】ららぽーと富士見 
【オープン予定】2015年4月10日 
【計画地】埼玉県富士見市 
【開発者】三井不動産(株) 
【面積】8万平方メートル 
東武東上線エリア最大級の規模となる当施設は、約152,000平方メートルの広大な敷地に、延床面積約185,000平方メートル、店舗面積約80,000平方メートルの4階建て(店舗部分は3階建て)の計画です。店舗数は約300店、駐車場台数約4,600台を予定。セレクトショップからインポートブランドまで293店舗が出店。日本初となるレゴの日本向けコンセプトストア「(仮称)レゴストア」やチームラボによる「(仮称)学ぶ! 未来の遊園地」など、エンターテインメントの要素を積極的に取り入れる。


ATRE.jpg
【施設名】アトレ浦和 
【オープン予定】2015年秋
【計画地】さいたま市浦和区 
【開発者】(株)アトレ 
【面積】3,000平方メートル 
JR東日本グループは、現在浦和駅高架下を整備中で、秋に「アトレ」がオープンします。中央エリアには観光案内所やスーパー、カフェなど25店舗が出店予定。北エリアにはカフェや雑貨店、書店、駅型保育園、市民の窓口などが予定されています。



urawa.jpg
【施設名】浦和駅高架下商業施設整備
【オープン予定】2015年秋
【計画地】埼玉県さいたま市浦和区
【開発者】東日本旅客鉄道(株)
【面積】14,900平方メートル
整備する高架下の長さは大宮側から東京側までの約765メートルで、延べ床面積は計約1万1700平方メートル。北、中央、南の3エリアに分けて開発する。北エリアには保育施設・店舗や駐輪場を設け、商業施設部分と出入りできる改札口も新設する。中央エリアも店舗が入居する。南エリアは駐車場や駐輪場に用いられる。



お探しのSCが見つからない場合は2016〜2022年版もご覧下さい。


<東京>

takeshita.jpg

【施設名】竹下通りスクエア
【オープン予定】2015年3月7日
【計画地】東京都渋谷区
【開発者】三井不動産
【面積】1,450平方メートル
「竹下通り スクエア」は、国内外問わず常に多くの人でにぎわう「竹下通り」において、新たなヤングファッションの情報と賑やかさが行き交う"スクエア=広場"となってほしい、という思いをこめた。本施設の地下1階-地上3階には三越伊勢丹グループが展開する「ALTA」が出店し、「原宿ALTA」になる。当社は、本施設の開発を通して、原宿竹下通りの更なる賑わい作りを目指す。

outdoor_v.jpg

【施設名】MORI RARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)
【オープン予定】2015年3月
【計画地】東京都昭島市
【開発者】昭和飛行機工業株式会社
【面積】5,095平方メートル
「モリパーク アウトドアヴィレッジ」は、アウトドアの魅力を体験、体感できる新しいスタイルの屋外型複合商業施設。約21,000平方メートルの敷地にアウトドアをテーマとする物販店舗、飲食店舗、クライミングジム等からなる7棟の施設を計画。クライミングジムには、国際競技基準に則ったワールド・クラスの大会開催が可能な大型クライミングウォール・ヨガスタジオを備える。


shinjyuku-higashi.jpg

【施設名】新宿東宝ビル開発計画
【オープン予定】2015年3月
【計画地】東京都新宿区
【開発者】株式会社東宝
【面積】5,588平方メートル
誰もが歩きたくなる楽しいまちなみ"歌舞伎町"へをコンセプト。3-6階部分には12スクリーン約2500席という都内最大級のシネコン(TOHOシネマズ新宿)、8-30階には970室のホテル(ワシントンホテル)、低層階には飲食店が入る予定。



【施設名】キュープラザ原宿
【オープン予定】2015年3月
【計画地】東京都渋谷区
【開発者】東急不動産
【面積】約2,200平方メートル
計画地は、東横線と副都心線の直通化に伴い、広域からの集客が期待される東京メトロ「明治神宮前」駅から徒歩1分に位置。 「明治通り」沿いでは、道路の拡幅及び並木の整備が進められており、今後、更なる回遊性の向上が期待されるエリア。 東急不動産は1月に計画地にある商業施設「B6」を取得していた。6月から工事に着手、表参道・渋谷エリアの新たなランドマークとなる商業ビル建設を進める。

詳細ページはこちら


【施設名】二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット
【オープン予定】2015年4月
【計画地】東京都世田谷区
【開発者】東京急行電鉄株式会社、東急不動産株式会社
【面積】約11,000平方メートル 
各テナントには、雑誌・書籍とカフェ、家電をミックスさせた新業態「蔦屋家電」が出店。その他にもシネマコンプレックス「109シネマズ二子玉川」をはじめ、ユナイテッドアローズの新ライフスタイルブランド「アンルート(EN ROUTE)」やスペイン・マドリード発祥の老舗デリカ・カフェ&バール業態「マヨルカ(Mallorca)」の日本1号店、世田谷区立図書館の蔵書を貸出す「(仮称)二子玉川図書館ターミナル」などを導入予定。

詳細ページはこちら


【施設名】Grand Emio大泉学園
【オープン予定】2015年4月中旬
【計画地】東京都練馬区
【開発者】野村不動産
【面積】4,930平方メートル
大泉学園駅北口地区市街地で開発が進められている「リズモ大泉学園」の低層部分に4月中旬にオープンする新商業施設「グランエミオ(Grand Emio)大泉学園」。大泉学園駅北口改札からペデストリアンデッキで直結し、「食」×「集い」×「文化」をテーマに、地下1階にはスーパーマーケット、1階にはカフェや生花、ペデストリアンデッキと接続する2階にはベーカリーやファッション、服飾・生活雑貨、3階にはレストランのほか大型書店や音楽教室など、バラエティ豊かな28店舗を導入する。

lr_DAIKANYAMA.jpg

【施設名】LOG ROAD DAIKANYAMA
【オープン予定】2015年春 
【計画地】東京都渋谷区代官山
【開発者】東京急行電鉄
【面積】約3,200平方メートル 
ブランドプロデューサーの柴田陽子氏、有限会社ジェネラルデザインの大堀伸氏、株式会社 THINK GREEN PRODUCEの関口正人氏に加え、ランドスケープデザインには株式会社DAISHIZEN/SOLSOの齊藤太一氏を迎え、かつて東横線が走っていた全長220mの線路跡地に、散策路、5棟の商業店舗、四季折々の花と緑を楽しめる、都心にありながら気持ちの良い空気を感じられる商業空間を創出する。


hurente.jpg

【施設名】フレンテ笹塚
【オープン予定】2015年4月 
【計画地】東京都渋谷区笹塚
【開発者】京王重機設備
【面積】7,400平方メートル 
京王線笹塚駅南口隣接の旧京王重機ビル跡地に建設中の複合ビルについて、「メルクマール京王笹塚」の名称で2015年春に開業するとの見通し。新ビルは地上21階地下2階で、1-3階は約40店舗で構成する商業施設「フレンテ笹塚」として、ファッション・ライフスタイルグッズをはじめ、グロサリーやカフェ、レストランなどバラエティに富んだ店舗構成になるという。

harajyuku_alta.jpg

【施設名】原宿ALTA
【オープン予定】2015年春 
【計画地】東京都渋谷区神宮前
【開発者】三越伊勢丹ホールディングス
【面積】631.45平方メートル 
「原宿ALTA」として、「HARAJUKU GLITTER」をコンセプトに竹下通り随一の雑貨アイテムを揃える。「(仮称)神宮前一丁目計画」の地下1階から地上3階に出店する「原宿ALTA」は、「ピュアヤング、ティーンズの女子のライフスタイルをキラキラ輝かせる」ための雑貨アイテムを中心に揃え、開業初年度の売上は約17億円を目指すという。

【施設名】品川シーズンテラス
【オープン予定】2015年春 
【計画地】東京都港区
【開発者】NTT都市開発
【面積】約205,785.83 平方メートル 
品川シーズンテラスは、ガラス表面に水の膜をつくり気化熱によって冷却を行なう「ウォーターフローウインドウ」、下水熱を使用した空調熱源、高感度人感・昼光センサー、太陽光採光システムなどの最新の環境機器を備える点などが高く評価された。また、3.5haの緑地空間を整備して生態系を創出。給水型保水性塗装の壁や道路を設置して生物多様性やヒートアイランドにも配慮している。

詳細ページはこちら

【施設名】(仮称)ひばりが丘Re-Dream計画A街区棟
【オープン予定】2015年春 
【計画地】東京都東久留米市
【開発者】オリックス不動産
【面積】12,301.24平方メートル
本事業は、「ひばりが丘団地再生事業区域」内において、独立行政法人都市再生機構(本社:横浜市、理事長:上西郁夫、以下「UR都市機構」)が民間企業を事業パートナーとする初めての事例であり、PPP手法を使って、UR都市機構が持つ街区設計やコミュニティ支援等のノウハウや技術を活かした住民本位の街づくりを推進する都市再生事業です。

詳細ページはこちら

【施設名】としまエコミューゼタウン
【オープン予定】2015年春 
【計画地】東京都豊島区
【開発者】東京建物
【面積】8,324.91平方メートル
としまエコミューゼタウンは東京都豊島区に2015年3月完成予定で建設中の超高層ビルである。南池袋二丁目A地区市街地再開発組合が建設する商業施設、区役所、マンションの複合ビルである。 1階の一部と3階から9階までを豊島区役所が占める予定である。1階2階が商業部分、11階から49階までが住宅、10階が中間免震階となる。豊島区立日出小学校の跡地を利用している。

詳細ページはこちら


【施設名】東京ワンダフルプロジェクト
【オープン予定】2015年春 
【計画地】東京都江東区
【開発者】東急不動産/東京建物/野村不動産他
【面積】21,242.52平米
三井不動産レジデンシャル株式会社、東京建物株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、東急不動産株式会社、住友不動産株式会社、野村不動産株式会社は東京都江東区豊洲6丁目に開発中の地上44階建て、超高層分譲マンション「東京ワンダフルプロジェクト SKYZ TOWER&GARDEN(総戸数1,110戸)」のモデルルームを6月8日(土)にオープンする。なお、販売開始は7月上旬を予定している。

詳細ページはこちら


cascade.jpg

【施設名】カスケード原宿
【オープン予定】2015年10月3日
【計画地】東京都渋谷区
【開発者】株式会社ポルテックス
【面積】1,695平方メートル
「CASCADE HARAJUKU」はJR原宿駅から徒歩2分、東京メトロ明治神宮前駅から徒歩1分の好アクセスな場所にありながら、10代の若者たちで賑わうこれまでの原宿とは一線を画し、大人がこだわりの食や心地よい空間を愉しめる施設です。開発コンセプトは「URBAN ESCAPE」。都会で働き、遊ぶ大人たちが集いたくなるよう、原宿・青山エリアならではのエッジのきいた感性と自然の光や風、緑をとりこんだゆるやかで心地のよい感覚が融合した場所を目指しております。

【施設名】パークシティ大崎 ザ タワー
【オープン予定】2015年7月
【計画地】東京都品川区
【開発者】日本土建建物
【面積】 6,445.59 平方メートル 
三井不動産レジデンシャル、日本土地建物販売、大成建設、大和ハウス工業、新日鉄興和不動産は、東京都品川区「北品川五丁目第1地区」に開発中の地上40階建・超高層分譲マンション「パークシティ大崎 ザ タワー」の第1期販売を、11月23日から開始した。 同物件は、総開発面積約3.6haにおよぶ「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」内の住宅棟で、山手線内側で初めての「パークシティ」ブランドとなる。

詳細ページはこちら


parkcity-osaki.jpg

【施設名】パークシティ大崎Shop&Restaurant
【オープン予定】2015年11月
【計画地】東京都品川区
【開発者】北品川5丁目第一地区市街地再開発組合
【面積】5140平方メートル
「パークシティ大崎」は、2棟の業務・商業棟、2棟の住宅棟、各1棟の商業棟、地域交流施設棟、作業所棟の7棟で構成されており、街区内の商業店舗「パークシティ大崎 Shop&Restaurant」には、生活必需品を扱う店舗から、上質な飲食店、クリニックモールなど幅広い店舗構成で、近隣住民・オフィスワーカー・来街者の様々なニーズに対応する28店舗の出店が決定。

詳細ページはこちら

astwith.jpg

【施設名】あすとウィズ
【オープン予定】2015年11月7日
【計画地】東京都大田区
【開発者】京急蒲田西口駅前地区市街地再開発組合
【面積】3,000平方メートル
あすとウィズは、住居と商業施設からなる複合施設ですがそのうち、商業施設は1階から3階に施設全体と同じ2015年12月にオープンする予定です。地域に愛される商店街「あすと」の歴史を継承しながら、地域の人々と新たな未来に向かってともに歩んでいく想いを込めて、「ウィズ(with)」の言葉を添えました。


keikyu-kamata.jpg

【施設名】京急蒲田駅商業施設
【オープン予定】2015年12月
【計画地】東京都大田区
【開発者】京浜急行電鉄株式会社
【面積】3,570平方メートル
「(仮称)京急蒲田駅商業施設」では,駅としての利便性はもちろん,地域の生活拠点として街全体の活性化に寄与する施設となるよう計画を進めてまいります。なお,2015 年初旬から建設工事に着手し,同年度内に開業する予定となっています。




SHIBUYA-MODY.jpg

【施設名】渋谷モディ
【オープン予定】2015年秋
【計画地】東京都渋谷区 
【開発者】(株)丸井グループ 
【面積】未定
1985年にオープンし、公園通り入口のマルイとしてご愛顧いただいた現在の「マルイシティ渋谷」は、30年目を迎えた今年の秋、大きく生まれ変わります。当社グループの(株)エイムクリエイツが運営するショッピングセンター「モディ」のフラッグシップストア、「渋谷モディ」として大きくリニューアルいたします。





お探しのSCが見つからない場合は2016〜2022年版もご覧下さい。



【施設名】(仮称)日本橋2丁目プロジェクト
【オープン予定】2015年9月
【計画地】東京都中央区
【開発者】NTT都市開発
【面積】1,668平方メートル
本事業は、交通の要衝であると同時に都内有数のビジネス 拠点である「日本橋」交差点に位置し、平成 23 年 12 月に 都市計画決定された都市再生特別地区(日本橋二丁目地区) に指定されています。永代通りと中央通り、昭和通りに囲ま れた敷地面積約 8,800 平方メートルの 2 つの街区に、業務、商業、多目 的ホールなどで構成される延床面積約 138,000 平方メートル(約 42,000 坪)のビッグプロジェクト。

詳細ページはこちら

【施設名】大手町ホトリア
【オープン予定】2015年11月
【計画地】東京都千代田区
【開発者】三菱地所
【面積】108,000平方メートル
街区名称の「ホトリア」は、『皇居外苑濠の「ほとり」+ia(場所を表す名詞語尾)』であり、「お濠のほとりに豊かな空間を」という意味を込めております。※(仮称)大手町1?1計画と隣接する大手センタービルも「大手町ホトリア」に含まれます。建物名称についてはJXホールディングス株式会社と共同で開発するA棟が「大手門タワー・JXビル」、B棟が「大手町パークビルディング」に決定致しました。更に、A棟・B棟の地下に一体で整備する商業ゾーン名称は「ホトリア Shops & Restaurants」、A棟・B棟間に整備する約2,800平方メートルの緑豊かな広場は「ホトリア広場」となります。

詳細ページはこちら

【施設名】(仮称)銀座5丁目プロジェクト
【オープン予定】2015年秋
【計画地】東京都中央区
【開発者】東急不動産
【面積】約3,700平方メートル
東急不動産は9月20日、兼ねてから準備してきた中央区銀座5丁目の都市型商業施設「(仮)銀座5丁目プロジェクト」の新築工事に着工する。 計画地は銀座・数寄屋橋交差点の一角に位置し、晴海通り・西銀座通り(外堀通り)・みゆき通り・数寄屋通りに囲まれた絶好のロケーション。「モザイク銀座阪急」などが入居していた銀座TSビルの跡地で、同社としては銀座エリアで初めて手掛ける大型開発物件となる。開業は2015年秋の予定。

詳細ページはこちら

ginza6-2.jpg
【施設名】銀座6丁目瀧山町ビル跡地計画
【オープン予定】2015年9月末から10月上旬
【計画地】東京都中央区
【開発者】北辰不動産株式会社
【面積】1216平方メートル
本ビルは、地上4階建てで、1?3階が店舗、4階が事務所となります。店舗部分には、イタリアのファッションブランド「ヴェルサーチ」と「ブルネロ クチネリ」が出店します。

詳細ページはこちら


【施設名】Tomihisa Cross
【オープン予定】2015年秋
【計画地】東京都新宿区
【開発者】野村不動産
【面積】1,668平方メートル
『Tomihisa Cross』は、超高層55階建のタワーマンション「Tomihisa Cross Comfort Tower」をはじめ、 賃貸マンションや大型スーパー、クリニック、 認定こども園、新宿区防災倉庫などの施設を擁した敷地面積 約2.5ha、総戸数1230戸の山手線内最高層・最大規模の複合開発プロジェクト。山手線内側の利便性を最 大限享受できる立地や「産・官・学・民」が力を結集した様々な取り組みをしている。

詳細ページはこちら


raraport.jpg

【施設名】ららぽーと立川立飛
【オープン予定】2015年11月17日
【計画地】東京都立川市
【開発者】三井不動産株式会社
【面積】60,000平方メートル
JR中央線立川駅から多摩モノレールで2駅先に位置する立飛駅の駅前に立地し、主要道路にも近接。施設は地上3階建てで、延床面積は約15万4000平方メートルを有する。コンセプトには「& Garden Tachikawa」を掲げ、緑を配した憩いの広場や噴水など、「水・緑・光」の要素を重視した開放的な空間を演出。



marugoto.jpg

【施設名】まるごと日本プロジェクト(浅草六区地区再開発)
【オープン予定】2015年12月中旬
【計画地】東京都台東区
【開発者】東京楽天地
【面積】3,510平方メートル
東京楽天地は13日、2006年に閉館した映画館「浅草東宝会館」(東京・台東)などを解体し、ホテルや物販店などが入居する複合施設を建設すると発表した。投資額は約100億円で14年末に開業する予定だ。「まるごと日本プロジェクト」をテーマに全国各地の民芸品や食品を扱い、浅草を訪れる観光客や外国人客に日本の文化や魅力をアピールする。



【施設名】晴海三丁目西地区再開発事業
【オープン予定】2015年度
【計画地】東京都中央区
【開発者】住友不動産
【面積】約4.2ha
本事業は、東京都の「豊洲・晴海開発整備計画改定」等の上位計画に基づき、豊かな水辺環境や大規模敷地を生かしながら、既存集合住宅の建替と合わせて、居住、業務、生活支援施設等の諸機能がバランス良く配置され、人々が暮らしやすく、住み続けることができる職住近接の都市型居住のまちの形成を図ることを目的とするものである。

詳細ページはこちら

palette_town.jpg
【施設名】(仮称)森ビル・トヨタパレットタウン跡地開発
【オープン予定】2015年度
【計画地】東京都江東区
【開発者】森ビル
【面積】38万平方メートル
東京都は2008年にパレットタウンが閉鎖される2010年以降の臨海副都心青海ST区画への進出事業者の募集を行い、森ビルとトヨタ自動車に814億円で売却すると発表した。売却発表時に東京都により公表された両社の事業計画によると地上23階・地下2階の建物が建設されオフィスや商業施設、コンベンション・ホテル一体型施設のほか、自動車をテーマとした参加体験型の展示施設や観覧車などが設置され2013年に開業することが予定されていた。


senkyaku.jpg
【施設名】豊洲新市場・千客万来施設
【オープン予定】2015年内
【計画地】東京都江東区
【開発者】ダイワハウス工業株式会社他
【面積】未定
計1・7ヘクタールの敷地に食材を取り扱う約140店舗の場外市場や首都圏最大級の温浴施設など計4棟を建設する。2020年の東京五輪の会場も徒歩圏内にあり、東京の新名所となりそうだ。

詳細ページはこちら



お探しのSCが見つからない場合は2016〜2022年版もご覧下さい。


<神奈川>

park-kawasaki.jpg
【施設名】鹿島田駅西部地区第一種市街地再開発
【オープン予定】2015年3月
【計画地】神奈川県川崎市
【開発者】三井不動産株式会社他
【面積】1万7000平方メ ートル
当再開発事業は2006年6月、施行主体となる「鹿島田駅西部地区再開発会社」を設立し、神奈川県内初の会社施行による市街地再開発事業としてスタートした。その後、2007年4月に都市計画決定、2008年2月に施行認可、2011年4月に権利変換計画認可を受け、今般、施設建築物新築工事を着工した。なお、建物竣工は2015年3月を予定している。


etomo.jpg

【施設名】エトモ市ケ尾
【オープン予定】2015年4月1日
【計画地】横浜市緑区
【開発者】東急電鉄
【面積】1,500平方メートル
駅と街をつなぐコミュニティ型商業施設ブランドで、エトモ江田、エトモ自由が丘、エトモ鵜の木の3施設を展開してきました。「エトモ市が尾」は、高低差で分断された駅の東西の街を、新たにエレベーターやエスカレーターを設置し、店舗を配した自由通路で結ぶことで、街の回遊性向上を図ります。また、市が尾駅圏内人口では30-40代の子育て世代がボリュームゾーンであることから、子育てをサポートする保育園を設置し、仕事帰りやお迎え帰りに立ち寄れる飲食店、生活雑貨を揃えることで、毎日を支える、地域密着型の商業施設を目指す。



minatomirai.jpg
【施設名】(仮称)みなとみらい21中央地区59街区開発事業
【オープン予定】2015年8月-2016年6月
【計画地】神奈川県横浜市
【開発者】大成建設
【面積】9万5000平方メートル
横浜市は11日、みなとみらい21(MM21)中央地区59街区の開発事業予定者に、スーパーの「オーケー」(東京都大田区)などで構成された企業グループが決定したと発表した。敷地面積約1万6千平方メートルで、売却額は約95億円となる見込み。同社が都内から本社を移転するほか、ホテルやマンションなどウオーターフロントを生かした複合施設を建設する。


eon-odawara.jpg

【施設名】イオンタウン小田原
【オープン予定】2015年秋
【計画地】神奈川県小田原市
【開発者】イオンタウン(株)
【面積】約1万9470平方メートル
イオンタウンは、神奈川県小田原市の日本たばこ産業(JT)小田原工場跡地に建設を計画している商業施設の概要を明らかにした。建物はスーパー、ホームセンターなど3棟で構成し、総延べ床面積は2万平方メートル規模が想定される。同社は今後、事業計画を策定する。開業は2年後の15年秋ごろを予定している。


raraport-ebina.jpg
【施設名】ららぽーと海老名
【オープン予定】2015年10月29日
【計画地】神奈川県海老名市
【開発者】三井不動産株式会社
【面積】54,000平方メートル
延べ床面積は12万1000平方メートル、店舗面積5万4000平方メートルの4階建てで、店舗数は約250店、駐車場台数約1800台を予定する。神奈川県内では「ららぽーと横浜」「ラゾーナ川崎プラザ」に続く3施設目の三井不動産のショッピングセンターになる。



the-tower.jpg
【施設名】ザ・タワー横須賀中央
【オープン予定】2015年11月18日
【計画地】神奈川県横須賀市
【開発者】大滝町市街地再開発組合
【面積】2,789平方メートル
物件は、京浜急行線横須賀中央駅から徒歩3分、横須賀市大滝町2丁目に位置する38階建て全297戸(販売戸数253戸、事業協力者戸数44戸)。専有面積は44.72?124.97?、先に即日完売した1期の最多価格帯は4,200万円台。坪単価は190万円。竣工予定は平成27年11月中旬。施工は浅沼組。販売代理は三井不動産レジデンシャル、京急不動産。


kawasaki.jpg

【施設名】(仮称)川崎競馬商業施設
【オープン予定】2015年
【計画地】神奈川県川崎市
【開発者】東急不動産株式会社
【面積】3万220平方メートル
川崎競馬場エリア内に商業施設を新設することで、同エリア内への来場者の増加、競馬場利用者の利便性の向上、国道409号線沿いの景観の改善等に繋がるため、川崎競馬場の魅力が更に高まるものと考えております。商業施設の開業後は、1年 365 日いつでも「競馬観戦、ショッピング、飲食」が同時に可能となる、他に類のない魅力ある一大レジャーエリアとなります。  


kawasakieki.jpg

【施設名】京急川崎駅ビル開発計画
【オープン予定】2015年
【計画地】神奈川県川崎市
【開発者】京浜急行電鉄株式会社
【面積】9,000平方メートル
京浜急行電鉄株式会社では,羽田空港や都心への好アクセスで,近年,多くの再開発とともに大きな発展を遂げている川崎エリアの中心部に位置する京急川崎駅において,新たな駅ビルの建設を行う。新たに建設する駅ビルは,大師線ホーム上空に人工地盤を設置し,駅中央口改札直結の利便性を活かした商業施設を一体的に展開することで,駅を利用される皆様に"便利でちょっといい暮らし"の提供を目指す。

<千葉>

【施設名】ウェリス稲毛プロジェクト
【オープン予定】2015年春 
【計画地】千葉市稲毛区
【開発者】NTT都市開発
【面積】 37,946.95 平方メートル 
NTT都市開発株式会社、大和ハウス工業株式会社、大成建設株式会社、新日本建設株式会社、三信住建株式会社の事業主5社による、千葉県千葉市稲毛区に建設中の分譲マンション「ウェリス稲毛」(総戸数929戸)の街づくり『はぐむHILLS「ウェリス稲毛」プロジェクト』は、幸せな出会いを育む"きっかけ"を提供するプログラム『はぐむクラブ』を導入する。

詳細ページはこちら


narita3.jpg

【施設名】成田空港第3旅客ターミナルビル
【オープン予定】2015年4月8日
【計画地】千葉県成田市
【開発者】成田国際空港
【面積】2,759平方メートル
第3旅客ターミナルビルは第2旅客ターミナルビルの北側(約500m)に位置し、旅客取扱能力は750万人/年間、延床面積約6万6,000平方メートルの規模となっている。「気軽に」「機能的」「わくわく」の3つをコンセプトに、シンプルで使いやすく快適な空間の中でゆったりとした時間を過ごせる空間設計がされている。



motoyawata.jpg

【施設名】ターミナルシティー本八幡
【オープン予定】2015年5月 
【計画地】千葉県市川市
【開発者】株式会社市川ビル
【面積】5,877平方メートル
地上40階建ての高層マンション「グランドターミナルタワー本八幡」は既に2013(平成25)年7月から入居開始。京成本線「京成八幡」駅と都営新宿線「本八幡」駅まで1分、JR総武線「本八幡」駅までも2分と、便利な立地を誇っている。住宅棟の南側には、地上7階建ての業務棟「京成八幡ビル」も完成。2階のデッキで「京成八幡」駅と直結しており、同年9月には京成電鉄の本社も移転。


ieon_b.jpg

【施設名】イオンモール成田
【オープン予定】2015年秋 
【計画地】千葉県成田市 
【開発者】イオンタウン(株) 
【面積】15,000平方メートル 
成田国際空港から約5km、成田市土屋山ノ崎(現在の成田市ウイング土屋)の商業用地に2000年(平成12年)3月18日にグランドオープンした。敷地面積135,771平方メートル 。店舗面積71,808平方メートル (オープン時65,276平方メートル )。地上2階建て。東西約580m、南北約80m。駐車場は4,000台(オープン時3,500台)収容可能の大型ショッピングモールである。 ハートビル法認定店舗。


【施設名】(仮称)津田沼区画整理29街区プロジェクト
【オープン予定】2015年7月 
【計画地】千葉県習志野市
【開発者】野村不動産
【面積】24,009.18平方メートル
三菱地所レジデンス株式会社、野村不動産株式会社、三井不動産レジデンシャル株式会社は、JR「津田 沼」駅前の約35万平方メートルの広大な敷地で進む土地区画整理事業「奏の杜(かなでのもり)」の一画において、 「奏の杜」最大規模となる地上24階建・総戸数869戸(予定)の分譲マンション「(仮称)津田沼区画 整理29街区プロジェクト」

詳細ページはこちら

<富山>

kitokiya_b.jpg
【施設名】きときと市場とやマルシェ
【オープン予定】2015年3月14日
【計画地】富山県富山市
【開発者】富山ターミナルビル
【面積】約3,100平方メートル 
北陸新幹線の開業により飛躍的に交流人口が拡大する富山駅にて、富山ならではの魅力ある商品・サービスを提供する、お客様に満足していただけるショッピングセンター「とやマルシェ」。ビジネス・観光の拠点として単に富山を発信するだけでなく、ヒト・モノ・文化の交流ゲートとして機能する、駅前・街なかの発展を目指す地域活性化のための拠点を創り出していく。

ieon_b.jpg
【施設名】イオンモール砺波
【オープン予定】2015年夏
【計画地】富山県砺波市
【開発者】イオン株式会社
【面積】未定
イオン(千葉市)は、砺波市の中神地区大型商業ゾーン内で建設するショッピングセンター(SC)の「イオンモール砺波」(仮称)をシニア層を重視したコンセプトとし、直営店を核に専門店が入るモール型の大型店舗。



hokuriku.jpg
【施設名】三井アウトレットパーク 北陸小矢部
【オープン予定】2015年7月中旬
【計画地】富山県小矢部市
【開発者】三井不動産株式会社
【面積】130,000平方メ ートル
三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長菰田正信)は、富山県小矢部市で13 施設目となる三井アウトレットパークの開発を推進しており、今般、施設名称を「三井アウトレットパーク北陸小矢部」と決定し、全約160店舗のうち、地元北陸エリアからの出店を含む129 店舗を発表いたします。今般発表した129 店舗のうち、アウトレット初出店は7 店舗になります。開業は本年7月中旬を予定している。

<静岡>

apita-iwata2.jpg
【施設名】アピタ磐田店
【オープン予定】2015年11月下旬
【計画地】静岡県磐田市
【開発者】ユニー株式会社
【面積】15,976平方メートル
1980 年から 2014 年までの 34 年間営業してまいりましたピアゴ磐田店が、新しく規模を拡大して「アピタ磐田店(仮称)」として出店いたします。当該地区は、JR磐田駅から北へ約1キロメートルに位置し、車での広域集客が見込まれる交通至便な立地。本計画では、敷地面積 約 28,000平方メートル、営業面積 約 20,300平方メートル、鉄骨造地下1階地上 4 階建屋上駐車場のショッピングセンターを建設する予定。

<愛知>


raspa_ota.jpg
【施設名】ラスパ太田川
【オープン予定】2015年春
【計画地】愛知県東海市
【開発者】ユニー(株)
【面積】約1万3000平方メートル
ラスパ太田川は営業面積約1万3000平方メートルで、2014年秋に開業の予定。核店舗にはユニーの食品スーパー業態「ピアゴ」が入る。同SCは東海市の中心駅である名鉄太田川駅の駅前に立地し、2棟の店舗と高架下店舗で構成される計画だ。ユニーは同地で総合スーパー「ユニー大田川店」を1970年から2002年まで営業していた。

ieonmoll.jpg

【施設名】イオンモール長久手・ロイヤルホームセンター長久手
【オープン予定】2015年春
【計画地】愛知県長久手
【開発者】イオンモール株式会社
【面積】5万平方メートル







【施設名】大名古屋ビルヂング
【オープン予定】2015年10月
【計画地】名古屋市中村区
【開発者】三菱地所
【面積】 9,155.56平方メートル
大名古屋ビルヂング(だいなごやビルヂング)は、愛知県名古屋市中村区名駅三丁目にあった三菱地所所有のオフィス兼商業ビル。初代の建物は2012年9月の閉鎖後に取り壊され、2015年10月竣工予定で、新ビルへの建替が進められている。

詳細ページはこちら



ieon-tokoname2.jpg【施設名】イオンモール常滑
【オープン予定】2015年秋
【計画地】愛知県常滑市
【開発者】イオンモール(株)
【面積】
68,000平方メートル
りんくう常滑駅北側に出店。最初はイオン株式会社が出店する計画であったが、2007年8月30日に愛知県に事業者登録変更の承認を得たうえでイオンから譲渡された物件。当初は2009年秋の開業予定だったが、資材の値上がりや景気悪化などで収益が見込めず2010年以降に開業を延期することが発表され、景気の低迷を受けて2012年度以降に再度延期することが発表された。

apita-uni.jpg

【施設名】アピタ岩倉店
【オープン予定】2015年12月24日
【計画地】愛知県岩倉市
【開発者】ユニー株式会社
【面積】11,150平方メートル
本計画では、敷地面積約 15,000平方メートル、営業面積 約 17,000 平方メートル、鉄骨造地上 3 階建て(3 階、 屋上駐車場)となり、旧店舗と比べて約 1.8 倍の売場面積のショッピングセンターを建設する 予定です。 どなたにも安心してご利用いただけるようにバリアフリー対応施設を取り入れるほか、LED 照明などで消費エネルギー削減に努め、人や環境に優しい店作りを目指し、周辺地域の更なる 活性化に貢献してまいります。 

sasashima.jpg

【施設名】(仮称)ロイヤルパークスささしま
【オープン予定】2015年末
【計画地】名古屋市中村区
【開発者】大和ハウス工業
【面積】7,686平方メートル
大和ハウス工業株式会社は、独立行政法人都市再生機構が実施した「ささしまライブ24地区西街区(7,686平方メートル)に係る土地譲受人の募集」に応札し、2012年3月8日に落札、3月29日に土地を取得した。当地区において、2012年度より、都心型賃貸マンション「(仮称)ロイヤルパークスささしま」を開発する。


<岐阜>



teras_toki.jpg
【施設名】テラスゲート土岐
【オープン予定】2015年春
【計画地】岐阜県土岐市
【開発者】NEXCO中日本
【面積】4,400坪
テラスゲート土岐は、「高速道路沿線自治体と連携した地域開発」という開発コンセプトを念頭に、土岐南多治見ICの隣接地で土岐市と連携した複合商業施設。地域連携施設の他、温浴施設、地域密着型ショッピングセンターで構成。また、セレクトショップ『まちゆい』と温浴施設日帰り天然温泉『よりみち温泉』がオープンする予定。

詳細ページはこちら



<兵庫>


yamada.jpg
【施設名】(仮称)G-7モール上津台
【オープン予定】2015年4月
【計画地】兵庫県神戸市
【開発者】ヤマダ電機
【面積】7,097平方メートル

G-7ホールディングスは、(仮称)G-7モール上津台を新設する。すでに大規模小売店舗立地法に基づき、神戸市に新設計画を届け出ており、2015年4月の開業に向けて整備を進める計画。ヤマダ電機など7店舗が出店予定。

詳細ページはこちら


terasso.jpg
【施設名】テラッソ姫路
【オープン予定】2015年夏
【計画地】兵庫県姫路市
【開発者】エミス
【面積】7,892.00平方メートル 
施設には約30店の店舗導入を予定しており、1Fはデイリーユースのスーパーマーケットやサー ビスショップ、2Fはライフスタイルを彩る生活雑貨、ファッション雑貨等、3Fはワールドクラスの大会 が開催可能なクライミングジム、アウトドアショップ等を中心に導入し、4F?7Fは映画館(シネマコン プレックス)、レストランで構成されています。

詳細ページはこちら

<京都>


bal.jpg
【施設名】京都BAL
【オープン予定】2015年4月
【計画地】京都市中京区
【開発者】中澤
【面積】12,691平方メートル
京都市中心部の専門店ビル「BAL(バル)」が建て替わることが13日、分かった。同ビルを運営する中沢(京都市)が隣接地を含めた一体開発を計画している。現在の2倍の延べ床面積約1万8000平方メートルの商業施設を建設し、2015年4月の開業を目指す。新しい施設は地下2階、地上6階建て。「ジュンク堂書店」や総合雑貨店「無印良品」など既存の12店舗はそのまま入る予定。

詳細ページはこちら

<大阪>


eki_osaka.jpg
【施設名】エキマルシェ新大阪1期
【オープン予定】2015年3月4日
【計画地】大阪市淀川区
【開発者】JR西日本
【面積】2,200平方メートル
エキマルシェ新大阪は、宝塚、大阪に続く3番目の「エキマルシェ」。「エキマルシェ」の事業理念は「ほんのちょっとの幸せを、毎日お届けする」。今回のエキマルシェ新大阪は、新大阪駅の在来線改札内を行き来する、新幹線に乗換をするお客様や通勤や通学のお客様のご利用を踏まえ、施設コンセプトを「さっと立ち寄り15分でプチ満足 大人がわくわくする、気の利くエキナカ」とした。

詳細ページはこちら

lucua2.jpg
【施設名】ルクア イーレ
【オープン予定】2015年4月2日
【計画地】大阪府大阪市
【開発者】JR西日本SC開発
【面積】約3万3000平方メートル
「LUCUA 1100」では、集客力・話題性の高い専門店と、百貨店の強みをもつカテゴリーを編集した店舗とを融合させ、テイストの異なるさまざまなジャンルの店舗や商品を集める。30-40代のファッション感度の高い男女をメインに、幅広い年代の客層を想定した商業施設。伊勢丹によるセレクト型出店形態「isetan」(イセタン)と専門店を組み合わせたフロア構成。

詳細ページはこちら


【施設名】大阪ひびきの街 ザ・サンクタスタワー
【オープン予定】2015年春 
【計画地】大阪市西区
【開発者】オリックス不動産
【面積】4,297.04 平方メートル
オリックス不動産他4社は、共同で、西日本最大級となる総戸数874戸の制振タワーマンション「大阪ひびきの街 ザ・サンクタスタワー」(地上53階建て、高さ約190m)の建設を進めている。大阪の中心ゾーンにある新街区「大阪ひびきの街」は、大阪厚生年金会館の跡地

詳細ページはこちら



qs2.jpg

【施設名】もりのみやキューズモールBASE
【オープン予定】2015年4月27日
【計画地】大阪府中央区
【開発者】東急不動産株式会社
【面積】7,566平方メートル
大阪・森ノ宮の日本生命球場跡地に建設中の商業施設「もりのみやキューズモールBASE(ベース)」の外観デザインを公表した。商業施設で初となる屋内ランニングトラック「エアトラック」を導入する。エアトラックは複数の建物をつなぎ、1周約300平方メートルの人工芝のトラックを3レーン設ける。大阪城を眺めながらのランニングやウォーキングを無料で楽しめる。施設の開業は2015年春を予定している。

詳細ページはこちら


ieonmoll.jpg

【施設名】イオンモール四條畷 
【オープン予定】2015年春 
【計画地】大阪府四條畷市、大阪府寝屋川市 
【開発者】イオンモール(株) 
【面積】79,000平方メートル 
施設は4階建て約4万平方メートルで店舗や専門店、飲食店などが入る複合施設となるもよう。着工時期などは明らかにされていない。建設地は四條畷市砂・蔀屋地区および寝屋川市新家2他で、開発面積は約15万2,800平方メートル。 四條畷市では店舗周辺地区で土地利用を含めたまちづくりを検討しており、地権者らと勉強会を進めている。今後は意向調査結果を踏まえた具体的な検討を行う予定。

詳細ページはこちら


nclass.jpg

【施設名】N.KLASS(エヌクラス)三国ヶ丘
【オープン予定】2015年5月29日
【計画地】大阪府堺市堺区
【開発者】南海電気鉄道株式会社 ・南海商事株式会社
【面積】1,335.01平方メ ートル
施設名称は「N.KLASS(エヌクラス)」。南海(NANKAI)がある日常を素敵(NICE)に「暮らす」ことと、ひとつ上の「クラス」をめざすことを表現したという。地上2階建てで、店舗面積は約1,335平方メートル。堺初出店となる都市型スーパーケット「成城石井」をはじめ、カフェ、スイーツ店、ベーカリー、書店など12店舗が入居する。

詳細ページはこちら


expocity3.jpg

【施設名】エキスポシティ
【オープン予定】2015年11月19日
【計画地】大阪府吹田市
【開発者】三井不動産株式会社
【面積】71,000平方メートル

「EXPOCITY」は、大阪の中心部からほど近い大阪モノレール「万博記念公園駅」前の敷地面積約172,000m2に広がる、8つの大型エンターテインメント施設と全305店舗の「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」からなる、エンターテインメントとショッピングが融合した大型複合施設です。

詳細ページはこちら

makikatashi2.jpg

【施設名】牧方市駅前プロジェクト
【オープン予定】2015年12月24日
【計画地】大阪府牧方市
【開発者】スパイラルスター・グローバル・パートナーズ株式会社
【面積】6,981平方メートル

建設するビルの規模はS造一部SRC造地下1階地上9階建て延べ約1万7525平方メートル。建物高さは39・83メートル。新施設のコンセプトは「枚方市駅前の日常のライフスタイル提案を実現する商業施設」。カフェを飲みながら本や雑誌を読め、時間を楽しめる空間を提供し、モノとコトが共存する心地よい空間づくりを目指す。

詳細ページはこちら


nitlimall_makikata.jpg

【施設名】ニトリモール牧方ショッピングセンター
【オープン予定】2015年度
【計画地】大阪府豊中市
【開発者】株式会社ニトリホールディングス
【面積】4万3476平方メートル
事業計画地は、枚方市の「枚方長尾地区地区計画」の沿道サービス地区計画地に属 しており、単なる商業開発ではなく、 枚方市北部地域・中東部地上或の発展に貢献できる開発の実現を事業の目的として位置づけています。大型専門店を核店舗として、スーパーマーケ ッ トをはじめ各種専門店を建設・運営することによって、枚方市全体の魅力的な商業環境づ<り に貢献するとともに、事業計画地周辺のコミュニテ ィの生活インフラ整備に寄与する開発を進めていきます。


bibi-senro.jpg

【施設名】BiVi千里山
【オープン予定】2015年4月15日
【計画地】大阪府吹田市
【開発者】大和リース株式会社
【面積】1,798平方メートル
BiVi 千里山では、公共施設と日常買いまわり品を扱う店舗を充実させ、誰もが気軽に利用できる地域に根差した安全、安心、快適な商業施設として、駅周辺のにぎわいづくりを目指します。



<広島>

yumetown.jpg

【施設名】ゆめタウン廿日市 
【オープン予定】2015年春
【計画地】広島県廿日市市 
【開発者】(株)イズミ
【面積】5万平方メートル 
イズミ(広島市東区)は2015年春、県内で最大級の商業施設「ゆめタウン」を、廿日市市下平良2丁目に開業すると発表した。市役所南側の埋め立て地で、市も隣接地に公園を整備して新たなにぎわいづくりをはかる方針だ。

詳細ページはこちら


halows.jpg

【施設名】ハローズみどり町モール【仮称】
【オープン予定】2015年8月中旬
【計画地】広島県福山市
【開発者】株式会社ハローズ 
【面積】7804平方メートル 
施設はA棟(鉄骨造平屋建て一部2階建て、延べ床面積1万1337平方メートル)と、B棟(鉄骨造平屋建て594平方メートル)の2棟(合計1万1931平方メートル)に分かれ、駐車場はA棟北側に256台、A棟屋上111台の計376台の予定。A棟にはハローズ他9店舗(食品1、物販6、飲食・サービス2)が入る予定、B棟は2店舗(物販1、飲食・サービス1)の見込み。

<石川>


rinto.jpg
【施設名】Rinto
【オープン予定】2015年3月14日
【計画地】石川県金沢市
【開発者】金沢ターミナルビル
【面積】3,200平方メートル
2015年3月14(土)に、旧「ふれあい館」をリニューアルした新エリア「Rinto(リント)」をオープンいたします。オープンに先立ち、今回は新たに9 店を追加し、全区画25 店舗の概要を紹介いたします。「新しいエキマチ、新しいマイニチ」をコンセプトに高感度セレクトショップ、メンズ、レディス、雑貨などが集まり金沢の毎日に凛とした一輪の花を咲かせます。


rapas.jpg
【施設名】ラスパ白山
【オープン予定】2015年4月
【計画地】石川県白山市
【開発者】ユニー(株)
【面積】7,107平方メートル
ラスパ白山は白山市役所と松任総合運動公園の北側に位置し、敷地面積は約4万8600平方メートル、営業面積は約1万5900平方メートルとなる。来年春には建物の建設に入る見通し。ピアゴ中心の本体棟のほか、ファッションなどの専門店棟を整備する。年中無休で、営業時間は一部の飲食やサービスを除いて午前9時から午後9時までの予定。駐車場の収容台数は約950台となる。松任総合運動公園近くにはコンビニを開設。年間60億円の売り上げを目指す。

<山口>

youme.jpg

【施設名】イズミ周南市出店計画 
【オープン予定】2015年秋
【計画地】山口県周南市
【開発者】(株)イズミ
【面積】15,000平方メートル 
同市青山町の出店計画地は、近鉄松下跡地の東約1・2キロにある敷地約1万9千平方メートル。出光興産徳山製油所のアスファルト充てん場などの跡地を既に取得している。 イズミによると、規模は同市内のゆめタウン新南陽(店舗面積約1万4千平方メートル)と同程度を想定。


<愛媛>

【施設名】大街道二丁目東地区 優良建物等整備事業
【オープン予定】2015年夏
【計画地】愛媛県松山市
【開発者】森ビル
【面積】約1,635平方メートル
当計画の所在地周辺は、県都・松山市の中心商業地区である「大街道」の北の玄関口であり、官公庁、大規模商業施設、ホテルが多く立地し、また、観光名所「松山城」に至るロープウェイ街とも近く、名実共に松山市の顔となるエリア。地上13階建て、延床面積約11,000平方メートルのホテル・商業・ブライダルの複合施設として事業計画をとりまとめました。なお、ホテルには、カンデオホテルズの進出が決定した。

詳細ページはこちら

<香川>

【施設名】コトデン瓦町ビル
【オープン予定】2015年10月23日
【計画地】香川県高松市
【開発者】高松琴平電気鉄道株式会社
【面積】91,000平方メートル
元来、「FLAG(フラッグ・旗)」は、シンボルとして用いられる言葉です。当施設は、地域公共交通のターミナルであり、高松の中心にある瓦町のシンボルとして人々に長く愛されることを目指し「瓦町FLAG」と名付けました。また、平坦な地形の高松において地上11階建ての当施設は、「旗」のような存在感を放ち、街の目印となります。さらに、街のフラッグシップとして、未来の街づくりに向け旗を掲げることを企図しています。

詳細ページはこちら


ieon.jpg

【施設名】イオンタウン宇多津
【オープン予定】2015年秋
【計画地】香川県宇多津町
【開発者】イオンタウン(株) 
【面積】未定
宇多津ビブレのシネマ棟以外を解体した上で、2階建ての建物を建設する予定です。シネマ棟の「イオンシネマ宇多津」は、イオンタウン宇多津の開業とともに運営を再開する見込みです。


<大分>

【施設名】アミュプラザおおいた
【オープン予定】2015年4月16日
【計画地】大分県大分市 
【開発者】JRおおいたシティ 
【面積】36,000平方メートル 
「アミュプラザおおいた」は地上1-4階の4フロアにファッション、雑貨、飲食、食品など183店舗が出店し、うち119店舗は大分初出店。
「アミュプラザおおいた」が入る大分駅ビル「JRおおいたシティ」は、地上21階地下1階建。「アミュプラザおおいた」のほか、客室数190室の「JR九州ホテル ブラッサム大分」(8ー18階)が入る。5ー8階は駐車場、19ー21階は天然温泉を使用する温浴施設となる。

<福岡>


palco_hukuoka.jpg
【施設名】福岡パルコ本館
【オープン予定】2015年3月19日
【計画地】石川県金沢市
【開発者】パルコ
【面積】4,200平方メートル
2010年3月に開業した「福岡パルコ」は、昨年11月に同館隣地に「福岡パルコ新館」がオープンし、2館体制での運営がスタート。今回、西日本鉄道が保有するソラリアステージビルの一部に出店して増床することで、アニメ・サブカルチャーやサウンド、インテリア・雑貨などのコトの消費を拡大させ、本館全体では「ハイブリッドMD型コンフォータブルストア」を目指す。
daina.jpg
【施設名】大名スクエア
【オープン予定】2015年3月
【計画地】福岡市中央区
【開発者】三井不動産株式会社
【面積】約793平方メートル
本ビルには、世界各国に展開するブランド「無印良品」が出店。同ブランドとしては、九州最大の路面店舗(1階-5階、売場面積約2,751m2)になる。本店舗は、くらしの中にある「衣料品」を表現した新しい売場で、家のようにくつろげる環境を提供し、衣料品専門アドバイザーがスタイリングなどのご相談に応じます。2階には、デリレストラン「Café&Meal MUJI」も出店。


izumi-yome.jpg
【施設名】ゆめモール筑後
【オープン予定】2015年12月
【計画地】福岡県筑後市
【開発者】株式会社イズミ、ダイワロイヤル株式会社
【面積】5,600平方メートル
「ゆめマート筑後」を中心にカフェ(コメダ珈琲)やドラッグストア(サンドラッグ)、リサイクルショップ(ハードオフ)ほか、レストラン・書籍店など19の多彩な専門店を取り揃え、九州エリアではゆめモール柳川に続く「ゆめモール型ショッピングセンター」の第二号店となります。株式会社イズミが運営するゆめマートでは、活きの良い鮮魚売場・できたてつくりたてが並ぶ惣菜売場・みずみずしい野菜が並ぶ青果売り場など鮮度一番・楽しい売場作りを提供いたします。

<宮崎>

nitori-miyazaki.jpg
【施設名】ニトリモール宮崎
【オープン予定】2015年2月
【計画地】宮崎市
【開発者】株式会社ニトリホールディングス
【面積】2万平方メートル
ニトリホールディングスが運営する「ニトリモール」の九州1号店として計画。隣接するニトリ宮崎店(2012年4月開業)との相乗効果を図り、魅力溢れる専門店を中心とした商業施設を目指す。平面駐車場を中心に、オープンモール型施設を予定する。


<沖縄>

【施設名】イオンモール沖縄ライカム
【オープン予定】2015年4月25日
【計画地】沖縄県中頭郡北中城村 
【開発者】イオンモール(株) 
【面積】78,000平方メートル

那覇空港から沖縄自動車道で約30分の沖縄本島・中部地域に開業する商業施設で、延床面積は約16万平方メートル(立体駐車場を含む)。観光を県経済のリーディング産業とする沖縄本島内の観光集客拠点として、県が策定した第5次沖縄県観光振興計画にある「入域観光客誘致目標1,000万人」の達成を目指す。沖縄から東南アジア、世界各国のローカルグルメを提供するワールドグルメコートや「カワイイ」「カッコイイ」をテーマにしたキャラクター&雑貨を集めたキャラクターパークなども開設される。

詳細ページはこちら

スマホアプリかんたんリリース

「スマホアプリかんたんリリース」登場!
商業施設に特化したオリジナルアプリが開発費0円で制作できます。定額の料金プランと利用したいオプションを選択するだけ。

詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

Newsletter

株式会社Real iDでは、最新のお役立ちデジタル情報を隔週で配信しております。
過去のニュースレターはこちら

お申し込みはこちら