2014年商業施設オープン予定カレンダー(2014.2.1更新・全国エリア毎まとめ)

資料ダウンロードキャンペーン第二弾実施中!このページの資料全部が対象!くわしくはコチラ

Real iDは商業施設むけのO2O、オムニチャネル、インバウンドといったサービスに特化しております。という事で商業施設のビジネスに関わる皆様に「2014年商業施設オープン予定カレンダー(全国エリア毎まとめ)」をご用意しました。気になった方は今すぐブックマークしてくださいね。また、適宜更新して参りますので気になる方はニュースレター登録FacebookTwitterのフォローがオススメですよ!2015年版2016-22年版もあるよ

comand_f.png
お探しのエリアから商業施設が見つからない場合は、ブラウザのページ内検索機能を使ってね。ショートカットキーは「Control + F」(Windows)、「Command + F」(Mac)で、IE/Firefox/Chrom共通ですよ。スマホの方はブラウザのメニューの「検索」で探してね。

sc_752_182.png

お探しのエリアをクリックして下さい



<北海道>

saporo.jpg
【施設名】札幌三井JPビルディング
【オープン予定】2014年8月30日
【計画地】北海道札幌市中央区
【開発者】三井不動産(株)
【面積】8500平方メートル
三井不動産と郵便局が、北海道・札幌に新複合施設「(仮称)札幌三井JPビルディング」を2014年夏に開業する。開業地は、札幌のビジネスエリアの中でも主要企業が多数集積するJR札幌駅から徒歩4分のエリア。地上20階・地下3階建で、地下1階から地上4階に約30店舗が揃う商業施設が入居する。建物竣工は2014年8月、商業施設のオープンは2014年9月を予定。


<宮城>

ikea_sendai.jpg
【施設名】IKEA仙台
【オープン予定】2014年9月1日
【計画地】宮城県仙台市太白区
【開発者】イケア・ジャパン(株)
【面積】1万6723平方メートル
2011年(平成23年)7月、東日本大震災からの復興支援を目的として仙台市に小型店舗を出店すると発表した。 泉区の紫山プラザK棟内に同年9月26日開業。1,500平米の店舗で生活雑貨を中心に約500点の商品を揃えて(通常のIKEAショップは40,000平米、9,000点の商品)、仮設店舗として当面のあいだ営業を続ける。



sendai.jpg
【施設名】マルチメディア仙台
【オープン予定】2014年
【計画地】宮城県仙台市宮城野区
【開発者】(株)ヨドバシカメラ
【面積】2万平方メートル
2011年6月、旧仙台ヨドバシビルと近隣のマンションの跡地部分に複合型商業ビルを建設することを明らかにした。8階建てとなる当該ビルに現店舗が仮店舗として移転し(1-3階部分)、従前の2階建ての建物を取り壊した上でその跡地にさらにもう一棟建設し仮店舗を再移転させる予定である。完成は仮店舗予定のビルが2012年春、旧店舗跡地に建設するビルが2014年を目処としている。2012年4月26日、ヨドバシ仙台第2ビルでの営業を開始した(仮店舗段階で店舗面積が従来の約1.5倍に拡大)。

<岩手>

ion_kamaishi.jpg
【施設名】イオンタウン釜石
【オープン予定】2014年3月中旬
【計画地】岩手県釜石市
【開発者】イオンタウン(株)
【面積】1万9234平方メートル
東日本大震災において甚大な津波被害に見舞われた地域であることから、2013年3月8日、釜石市と当社において「大規模商業施設の立地及び地域貢献に関する協定」を締結し、共に防災及び避難体制に配慮した商業施設の建設と運営、地元雇用促進に配慮したSCづくりのため調整を進ている。 


<山形>

ion_tendo.jpg【施設名】イオンモール天童
【オープン予定】2014年春
【計画地】山形県天童市
【開発者】イオンモール(株)
【面積】4万5000平方メートル
天童市の市街地に位置する都市型モールで、地元と一体感のある美しい町並みを考慮したまちづくりをめざしている。天童市は、山形新幹線や山形空港、山形中央自動車道などの交通アクセスに恵まれており、近年、人口が増加している。


<茨城>

pasar.jpg
【施設名】Pasar守谷
【オープン予定】2014年3月19日
【計画地】茨城県守谷市
【開発者】NEXCO東日本
【面積】約17,500平方メートル 
Pasar守谷(上り線)では"恵みの森"をコンセプトとし、「旅の思い出があふれる、賑わいの場」を創出し、高速道路初登場となる店や、地元の人気店などを集結して地域の魅力を発信する。「Pasar(パサール)」は、話題の店舗やその場でしか味わえないグルメなどを取りそろえ、お客さまにバラエティ豊かなサービスを提供する当社のフラッグシップとなるサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)の商業施設。



<埼玉>

homes.jpg
【施設名】島忠ホームズ浦和南店(さいたま市南区内谷店舗計画)
【オープン予定】2014年3月9日
【計画地】埼玉県さいたま市南区
【開発者】ロッテ不動産(株)
【面積】1万550平方メートル
開店2014年3月9日、模目安面積:1万550平方メートル、駐車場:369台







rakkun.jpg
施設名】大宮 RAKUUN(ラクーン) 
【オープン予定】2014 年 6 月 27 日
【計画地】埼玉県さいたま市大宮区
【開発者】株式会社浜友商事 
【面積】30,830.80 平方メ ートル
大宮 RAKUUN(ラクーン)は日用品からブランド品まで幅広い品揃えの総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」や、本・CD・DVD・ゲームソフトだけでなく、洋服、服飾雑貨等を取扱う総合リユースの業態「BOOKOFFPLUS」、様々なジャンルの商品を豊富に取り揃えるバラエティショップ「ザ・ダイソー」など利便性の高い店舗が出店いたします。また、順次テナントがオープンし、浜友グループと株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーが共同で運営する「大宮ラクーンよしもと劇場」がオープンする。

viava_saitama.jpg
【施設名】ビバモールさいたま新都心
【オープン予定】2014年10月
【計画地】埼玉県さいたま市浦和区
【開発者】三井住友ファイナンス&リース(株)
【面積】6万4689平方メートル
区画の東半分(東ゾーン、新都心との間の1.9ha)は、2012年(平成24年)に日本信号とLIXILビバが土地の賃借契約を交わし、2014年(平成26年)10月オープン予定で、事務所併設のホームセンター(地上7階)を建設している。東ゾーンは地区計画により商業地域に転換され、開発を待っていたが、日本信号が保有したまま長く臨時駐車場とされていた。


benibana.jpg
【施設名】BENIBANA WALK桶川
【オープン予定】2014年11月17日
【計画地】埼玉県桶川市
【開発者】ユニー(株)
【面積】2万6000平方メートル
当該地区は、商圏人口が約30万人 商圏世帯数が約11万世帯の地域で、『BENIBANA WALK 桶川 仮称)』(埼玉県桶川市)は、JR桶川駅から西へ約1Km に位置し、店舗北側には県道が通り、広域集客が見込まれる交通至便な立地。
本計画では、敷地面積 約 35,000 平方メートル、営業面積約 26,000 平方メートル、鉄骨造地上4階建(店舗1・2階立体駐車場3・4・R 階)のモール型ショッピングセンターを出店する計画。


urawa.jpg
【施設名】浦和駅高架下商業施設整備
【オープン予定】2014年
【計画地】埼玉県さいたま市浦和区
【開発者】東日本旅客鉄道(株)
【面積】1万1000平方メートル
JR東日本は2013年度中に高架下の整備工事に着手し、14年度中の開業を目指す。整備する高架下の長さは大宮側から東京側までの約765メートルで、延べ床面積は計約1万1700平方メートル。北、中央、南の3エリアに分けて開発する。北エリアには保育施設・店舗や駐輪場を設け、商業施設部分と出入りできる改札口も新設する。中央エリアも店舗が入居する。南エリアは駐車場や駐輪場に用いられる。


お探しのSCが見つからない場合は2015〜2020年版もご覧下さい。


<東京>

senjyuoohashi.jpg
【施設名】千住大橋ポンテグランデTOKYO A街区商業施設
【オープン予定】2014年3月中旬
【計画地】東京都足立区
【開発者】三菱地所(株)
【面積】1万4000平方メートル
UR都市機構及び株式会社ニッピが共同で開発を行っている約12.4ha複合開発エリア。共同住宅を中心に、生活利便施設や医療福祉系施設な様々な都市機能が集い、多彩な活気や人々の交流を生み出す街として順開発が進行中。「ポンテグランデ」とはイタリア語で「大きな橋」の意。 



ikea_tachikawa.jpg
【施設名】IKEA立川
【オープン予定】2014年4月1日
【計画地】東京都立川市
【開発者】イケア・ジャパン(株)
【面積】2万3723平方メートル
IKEA立川10+ 件は、日本では7番目、東京では初のストアとなる。JR立川駅からの徒歩圏内に位置し、敷地面積は約2万6,000平方メートル、ストア面積は約4万平方メートル(予定)。3月から着工を進めている。なお、イケアではグローバル及び日本において、2020年までにイケアが消費するエネルギーと同等量の再生可能エネルギーを産出することを目指している。2012年4月に開業したIKEA福岡新宮での太陽光発電(750KW)並びに地中熱利用設備に続き、IKEA立川においても、太陽光発電施設(メガソーラー)の導入を予定している。

kirarina.jpg
【施設名】キラリナ京王吉祥寺
【オープン予定】2014年春
【計画地】東京都武蔵野市
【開発者】京王電鉄(株)
【面積】2万8000平方メートル
「いろんな私に出会える、私のお気に入り」をコンセプトに、自分の価値観を大切にする30代女性をイメージターゲットとし、ファッション、コスメ、雑貨等を中心に揃えた地下2階地上9階の商業施設。




ikebukuro_globe.jpg
【施設名】池袋グローブ
【オープン予定】2014年春
【計画地】東京都豊島区
【開発者】三井不動産商業マネジメント株式会社
【面積】約918平方メートル
三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、東京都豊島区東池袋一丁目において商業施設「(仮称)池袋Sプロジェクト」の開発を推進しており、今般、施設名称を「池袋グローブ」に決定し、全3店舗が本年2月14日(金)および3月14日(金)にオープン予定。



gakugeidai.jpg
【施設名】KILO SHOP Tokyo
【オープン予定】2014年5月23日
【計画地】東京都目黒区中央町
【開発者】東京急行電鉄
【面積】491.95平方メートル
フランスの量り売りヴィンテージショップ「KILO SHOP TOKYO(キロショップ東京)」が、日本に初上陸東横線 学芸大学駅祐天寺駅間の高架下に1号店をオープン。同施設には、ラテアート大会チャンピオンが手がけるコーヒーショップ「STREAMER COFFEE COMPANY(ストリーマーコーヒー カンパニー)」も出店する。


nakamuraya2.jpg
【施設名】新宿中村屋ビル
【オープン予定】2014年10月29日
【計画地】東京都新宿区
【開発者】三井不動産(株)
【面積】4,200平方メートル
新宿東口駅前に位置し、観光・ショッピングに多くの人が集まり行き交う利便性の高い立地のビル。
新ビルでは、中村屋が地下1階に物販、地下2階と最上階の8階にレストランを出店する。
その他のフロアには、ファッションや飲食、サービスなど複数のテナントを誘致し、新宿を訪れるお客のニーズに対応するとともに、エリアのランドマークとなる施設を目指す。



iidabashi.jpg
【施設名】飯田橋グラン・ブルーム
【オープン予定】2014年10月(予定)
【計画地】東京都千代田区富士見
【開発者】三井不動産株式会社
【面積】123,261.09平方メートル
当再開発事業は、オフィス・商業棟「飯田橋グラン・ブルーム」(地上30階・地下2階)、住宅棟「パークコート千代田富士見ザ タワー」(地上40階・地下2階)、教会棟(地上3階)の3棟の建物で構成され、街区全体名称を「飯田橋サクラパーク」としています。本事業は土地の高度利用を図るとともに、豊かな自然や歴史的環境を活かしながら、都心部の駅前にふさわしい安全・安心・快適で賑わいのある、魅力的な複合市街地の形成を図ることを目的とし、地域との共生を目指した新しい街づくりを行ってまいりました。

kirarito2.jpg
【施設名】KIRARITO GINZA
【オープン予定】2014年10月30日
【計画地】東京都中央区
【開発者】(株)オリックス不動産
【面積】4,153平方メートル
本施設は、大規模な再開発が進む八重洲・京橋エリアと銀座エリアつなぐ結節点である、商業エリア「銀座一丁目」に立地。12階建て・高さ66メートルの施設では、日本初の旗艦店、国内最大規模、銀座エリア初の店舗など、注目店舗が多数オープンする。飲食、ジュエリー、ファッション雑貨、ビューティー施設、ギフトショップなど、商品・サービス・空間を提供する約50店舗が展開。また4階部分には中央通りに面するオープンテラスや、エリア最大の屋上ガーデンなど開放感溢れる空間を設け、銀座の街に新たな憩いの場を提供する。


ion_tama.jpg
【施設名】イオンモール多摩平の森
【オープン予定】2014年11月
【計画地】東京都日野市
【開発者】イオンモール(株)
【面積】2万5000平方メートル
2014年11月のオープンの計画で、敷地面積3万平方メートルに6階建て、延床面積7.5万平方メートル、賃貸面積2.5万平方メートルのモールを建設する。JR中央線豊田駅北口至近に位置し、国道20号線から南に約500mの立地。日野市まちづくりマスタープランに位置づけられる交流拠点となる施設で、多摩平の歴史を継承するとともに、周辺の商店街と連携・共存することで、地域の賑わいの創出を図る。


lakagu.jpg
【施設名】ラカグ(LA KAGU)
【オープン予定】2014年10月10日
【計画地】東京都新宿区矢来町
【開発者】(株)サザビーリーグ
【面積】1283.34平方メートル
「ラカグ」は、サザビーリーグと新潮社という異なる分野で日本文化を牽引してきた両社の協力のもと開業する。新旧・和洋が混在する独自の面白さの中に、日本人が築いてきた普遍的な価値やセンスの良い暮らしを見出し、「REVALUE」というコンセプトの下あらゆる好奇心を触発する場を提供していく。




<神奈川>

lalateras.jpg
【施設名】ららテラス武蔵小杉
【オープン予定】2014年4月19日
【計画地】神奈川県川崎市中原区
【開発者】三井都市開発株式会社、東京急行電鉄株式会社、三井不動産株式会社
【面積】4,631.54平方メートル
「ららテラス」ブランドは「街の賑わい」と「日常生活の彩り」をコンセプトに、利便性の高い商業施設として洗練されたライフスタイルの提供を目指し、誕生。同施設の完成により同社グループの武蔵小杉駅南口地区の再開発事業は1つの節目を迎えるという。駅直結の1階にはこだわりの食ゾーン"小杉マルシェ"を用意。専門性の高い生鮮店舗のほか、惣菜からスイーツまで人気店舗が集合する。2階・3階には洗練されたファッションや雑貨店舗が集積し、女性から高い支持を受けるブランドや男性・ファミリーにも対応したセレクトショップが集まる。

sagamihara.jpg
【施設名】マーケットスクエア相模原
【オープン予定】2014年7月31日
【計画地】神奈川県相模原市中央区
【開発者】東急不動産(株)
【面積】1万5408平方メートル
東急不動産商業施設開発部(東京都渋谷区道玄坂1ノ21ノ2)は、相模原市中央区下九沢地内に物販・飲食店舗を建設する。




ario_musashi.jpg
【施設名】グランツリー武蔵小杉
【オープン予定】2014年11月下旬
【計画地】神奈川県川崎市中原区
【開発者】
(株)イトーヨーカ堂 
【面積】3万7000平方メートル
今秋、神奈川県川崎市の武蔵小杉駅至近に商業施設「GRAND TREE MUSASHIKOSUGI (グランツリー武蔵小杉)」をオープンする。
施設は、地上4階地下2階建てで、敷地面積2.5万平方メートル、売場面積3.7万平方メートルの規模で、グループのイトーヨーカドー、そごう・西武、ロフト、アカチャンホンポ等約150の専門店が出店する計画。


haruta-odawara.jpg
【施設名】HaRuNe小田原
【オープン予定】2014年11月
【計画地】神奈川県小田原市
【開発者】小田原市
【面積】2,767平方メートル
「HaRuNe 小田原」には、植物が芽吹き、茎を通って栄養を地中から運び上げ、花が咲き、実を結び、その成長やいきいきとしたエネルギーの源となっている「根」をコンセプトに、「地下街」が小田原の魅力を吸い上げ、発信し、市内やまちなかに人があふれ、回遊し、地域が活性化する、その飛躍と恵みの源となる小田原に「張る根」になって欲しいとの思いが込められている。 



ebina-odakyu.jpg
【施設名】ビナフロント
【オープン予定】2014年10月17日
【計画地】神奈川県海老名市
【開発者】小田急電鉄株式会社
【面積】約3,991平方メ ートル
海老名駅東口に建設を進めておりました「(仮称)小田急海老名駅東口ビル」について、施設名称を「ビナフロント」として、2014年10月17日(金)にオープンする。「駅とつながる、街につながる」をコンセプトとした、1-4階が商業施設、5-11階が賃貸住宅となる地上11階建の複合施設です。2階部分を駅コンコースやペデストリアンデッキと直結させ、駅前の待ち合わせスペースとなる開放性の高い空間を設ける計画で、さまざまな人が集い、街の雰囲気に溶け込む施設づくりを行う。


t-site.jpg
【施設名】湘南T-SITE
【オープン予定】2014年秋
【計画地】神奈川県藤沢市辻堂
【開発者】株式会社ソウ・ツー
【面積】約7500平方メートル
商業施設の「湘南T-SITE」は、ソウ・ツーと企画会社のカルチュア・コンビニエンス・クラブが湘南スマートライフの発信拠点をコンセプトに本や雑誌、集い語らえるカフェを中心に据え大人に向けたライフスタイルを提案する。施設は3棟で構成し、総延べ床面積は約7500平方メートルを見込んでいる。スタイル訴求型家電提案などを担うテナントを決定し、施設を整備していく。

詳細ページはこちら



odawara.jpg
【施設名】小田原地下街再生計画
【オープン予定】2014年秋
【計画地】神奈川県小田原市栄町
【開発者】JR東日本
【面積】7984平方メートル
整備場所はJR小田原駅東口駅前(栄町1の559ほか、敷地面積6531平方メートル)。竣工は76年11月。地下街はRC一部S造地下2地下1階、管理棟が地下1地上3階建てで、総延べ7984平方メートルの規模。商業床面積は2767平方メートル。工事では店舗や電気、機械の各設備の改修をはじめ、駅前エスカレーターや管理棟エレベーターの新設なども行う。


noimage.jpg【施設名】川崎区小田栄二丁目ショッピングセンター
【オープン予定】2014年秋
【計画地】神奈川県川崎市川崎区
【開発者】コーナン商事(株)
【面積】1万9500平方メートル
神奈川県川崎市川崎区小田栄2丁目にホームセンターの「コーナン」と家電量販店「ノジマ」を中心としたショッピングセンターが新規開店予定。





kosugi3.jpg
【施設名神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目
【オープン予定】2014年度
【計画地】神奈川県中原区小杉町3丁目
【開発者】野村不動産株式会社・相鉄不動産株式会社
【面積】3棟延べ約7万7000平方メートル
当事業は、住宅(分譲住宅450戸)や保育所が入る45階建の高層棟、13階建の中層棟(賃貸住宅154戸)の2つの住宅棟と、商業施設・事業所がメインとなる北棟や東棟、そして自走式立体駐車場の5つの施設建築物から構成され、それぞれをネットワークする街路を計画することで、回遊性のある、魅力ある街づくりを目指す。





<千葉>

annex.jpg
【施設名】流山おおたかの森S・C ANNEX
【オープン予定】2014年3月7日
【計画地】千葉県流山市
【開発者】東神開発株式会社
【面積】4,300平方メートル
2007年につくばエクスプレス「流山おおたかの森」の駅前に開業した「流山おおたかの森S・C」のANNEX館が2014年3月7日(金)にオープン。3階までのテナントフロアには計7店舗が出店。4階6階および屋上階に約300台の駐車場を増設。




ion_kisarazu.jpg
【施設名】イオンモール木更津
【オープン予定】2014年10月18日
【計画地】千葉県木更津市
【開発者】イオンモール(株)
【面積】6万8200平方メートル
本計画地の築地地区は、木更津市が進める「みなと木更津再生構想」の区域内に位置し、木更津駅西口地区から内港地区、木材港地区、本地区に至る地区において、各地区の特徴を活かした個性的なまちづくりにより、互いに連携・補完し合い回遊性を誘発するための新たな広域交流拠点としての実現が期待されている。



noimage.jpg
【施設名】イオンタウン野田船形
【オープン予定】2014年10月
【計画地】千葉県野田市
【開発者】イオンタウン(株)
【面積】11,214平方メートル






<山梨>


forest.jpg
【施設名】フォレストモール富士川
【オープン予定】2014年3月20日 【計画地】 山梨県富士川町 【開発者】株式会社フォレスト 【面積】5,268平方メートル
新しい流通業の形を目指し新しいライフスタイルを提案するショッピングセンター、ショッピングモールのフォレストモール富士川




<愛知>


ion_nishitya.jpg
【施設名】イオンモール西茶屋
【オープン予定】2014年3月20日
【計画地】愛知県名古屋市港区
【開発者】イオンモール(株)
【面積】5万5000平方メートル
立地は、名古屋市の南西部、港区の西エリア南陽地区に位置し、茶屋新田土地区画整理事業により、新たな街づくりが計画されているエリア。地面積18.6万平方メートルに、延床面積13.2万平方メートルの規模で、6月下旬に着工し、来春オープンの予定。「ざっくばらんにDo MALL!!」を開発のコンセプトに、ものづくりのまち・名古屋の、自由でざっくばらん(frank)な気風と、シンプルな価値観を提案するライフスタイル提案型ショッピングモールを創造する。


aeon-nagoya.jpg
【施設名】イオンモール名古屋茶屋
【オープン予定】2014年6月27日
【計画地】愛知県名古屋市港区
【開発者】イオンモール株式会社
【面積】約 186,000平方メ ートル
愛知県初出店となるFOREVER21のほか、H&M、OLD NAVY、チャールズ&キースなどのインターナショナルブランド、新ブランドのLE JUN、デッサン アンタイトル、セシルデイズなど、話題性の高い高感度ファッションブランドを多数、導入する。名古屋市南西部の港区の西エリアの南陽地域に出店。名古屋市茶屋新田土地区画整理事業地内の中心部に立地する。



versa.jpg
【施設名】VERSA WALK西尾
【オープン予定】2014年春
【計画地】愛知県西尾市
【開発者】ユニー(株)
【面積】2万5000平方メートル
敷地面積は約21,000平方メートル、営業面積は約25,000平方メートルで、鉄骨造り地上5階(店舗は1・2・3階部分、駐車場は一部地下、4・5・R階)のショッピングの回遊性をはかったサーキットモール型ショッピングセンターを建設する予定。建物は、バリアフリー対応のユニバーサルデザインを取り入れ、LED照明の採用など消費エネルギーの削減にも努め、人や環境に優しい店作りを目指し、周辺地域の更なる発展に貢献する。



nagoya_zero.jpg
【施設名】名古屋ゼロゲート
【オープン予定】2014年秋
【計画地】愛知県名古屋市中区
【開発者】(株)パルコ
【面積】5581平方メートル
計画地は、商業中心地である栄エリアで、旗艦店舗の名古屋パルコを始め、多くの大型商業施設や路面店舗が立ち並ぶ「大津通」に面した一等地に位置し、今後も広域から多くの集客が見込める。
都市中心部において約3,000平方メートルの敷地規模を有し、栄エリアの賑わいを更に拡大する商業施設を展開できるという。「ゼロゲート事業」の一環として、計画地を賃借、商業施設を建築し、「名古屋ゼロゲート(仮称)」として、2014年秋の開業を目指す。



noimage.jpg
【施設名】フォレストウォーク守山
【オープン予定】2014年
【計画地】愛知県名古屋市守山区
【開発者】名古屋市中志段味特定土地区画整理組合
【面積】未定





ion_kyoto.jpg
【施設名】イオンモール京都桂川
【オープン予定】2014年10月17日
【計画地】京都府向日市
【開発者】イオンモール(株)
【面積】5万3000平方メートル
JR京都線桂川駅に隣接するキリンビール京都工場の跡地の再開発計画の一環。周辺は洛西ニュータウンや桂坂ニュータウンなど、京都市のベッドタウンとして新興住宅地の開発が盛んな地域である。しかし対照的に、桂川駅周辺や南の向日町駅周辺には旧来からの住宅地や商店街がある。大店立地法に基づく届出面積は53,049平方メートルであり、高島屋京都店(47,837平方メートル)や大丸京都店(46,500平方メートル)を上回る京都府最大の商業施設となる。



<大阪>

SC001.jpg
【施設名】あべのハルカス
【オープン予定】2014年3月7日
【計画地】大阪府大阪市阿倍野区
【開発者】近畿日本鉄道(株)
【面積】10万平方メートル
近畿日本鉄道の前身である大阪鉄道が1937年より営業を行ってきた旧本館(百貨店西館)の建替え計画であり、建築規模は高さ300m、延床面積21万2,000m平方メートル、地上60階・地下5階(SRC・S造)である。2014年3月の竣工、同年春開業を予定している。工事ではあるが2012年8月時点で高さ300mに到達し、横浜ランドマークタワー(高さ296m)の高さを抜き、2014年の開業時には21年ぶりに「日本一高いビル」の称号が移る事となった。


osaka_izumi.jpg【施設名】大阪和泉計画
【オープン予定】2014年3月7日
【計画地】大阪府和泉市 【開発者】三井不動産(株) 【面積】6万589平方メートル 阪和道岸和田和泉インター近くのあゆみ野3丁目などに大型ショッピングセンターを計画している三井不動産と三井住友ファイナンス&リースに5月、和泉市が開発行為を認可した。熊谷組と大成建設が工事をうけ負い開発に着手。計画では、17.4ヘクタール(約5万2730坪、甲子園の4倍以上)の敷地に、モール型商業施設と物販店舗の2大店舗を建設する。駐車場は4330台で泉ヶ丘駅前駐車場総台数の2・2倍の規模になる。



ekimo.jpg
【施設名】エキモ梅田
【オープン予定】2014年4月 【計画地】大阪府大阪市 【開発者】南海電気鉄道グループ・東急不動産 【面積】572平方メートル
『御堂筋線梅田・なんば・天王寺駅「駅ナカ」事業』の運営管理者である、南海電鉄グループの南海商事株式会社(大阪市中央区)と東急不動産株式会社(東京都渋谷区)は、2014年4月4日(金)12:00に「ekimo(エキモ)梅田」を開業。同施設は天王寺、なんばに続いて3カ所目。管理運営する東急不動産(東京都渋谷区)の担当者によると、天王寺は女性客や若い世代、なんばは観光客が多いことに対し、梅田は男女のビジネスマンが多いことから「便利+躍(おどる)」をコンセプトに決定。コンビニエンスストアやドラッグストアのほか、通勤前に出せば帰宅時に仕上がる「ノムラクリーニング」、シャツ専門店「ブリックハウス・バイ・トウキョウシャツ」などが入居し、現金自動預払機(ATM)を除いて全店舗が午後10時まで営業する。

詳細ページはこちら

kuzuha.jpg
【施設名】KUZUHA MALL(第2期開発)
【オープン予定】2014年春
【計画地】京阪電気鉄道(株)
【開発者】三菱地所(株)
【面積】7万2000平方メートル
2005年4月14日にオープンした新生くずはモール街は英語表記である「KUZUHA MALL」(くずはモール)と称されることになった。オープン初日には開店前から1000人以上の人が列をつくるなど賑わいを見せている。第2期開発として、2012年夏着工・2014年春完成の予定で西館とKIDS館の建て替えが行われる予定である。この建て替えにより、西館の跡地には本館が増築され、KIDS館、「くずはコート」の跡地と南駐車場の部分には新南館(仮称)が建設され多層化される。


yanma.jpg
【施設名】ヤンマービル
【オープン予定】2014年9月末
【計画地】大阪市北区
【開発者】住友商事(株)
【面積】約4,620平方メートル
「住友商事」は、ヤンマー本社ビルのうち商業施設部分の地下2階?地上4階、約6,115?(約1,800坪)を、ビル所有者である「セイレイ興産」から、一括賃借し、テナントへ転貸して運営を行うマスターリース事業を手掛けます。地上1階?4階には、心斎橋、銀座に次いで国内3番目となるユニクロのグローバル旗艦店「UNIQLO OSAKA」が、地下2階?1階には、ユニクロのグループブランドである「GU」が出店します。


lalaport-izumi2.jpg
施設名】ららぽーと和泉
【オープン予定】2014年10月30日
【計画地】大阪府和泉市
【開発者】三井不動産株式会社
【面積】約165,000平方メートル
当施設は、近年のニュータウン開発により、30-40代のファミリーが多く住まうエリアにあり、泉北1号線(大阪府道34・38号線)や国道26号、阪和自動車道「岸和田和泉IC」に近接した、広域からの道路アクセスにも優れた立地に位置。延床面積約165,000平方メートル、店舗面積約55,000平方メートルの5階建ての建物(店舗部分は2-4階)で、店舗数は約220店舗、駐車場は約3,400台(ベビーカー利用でも使いやすいワイド駐車スペースあり)を予定している


ion_sakai.jpg
【施設名】イオン堺鉄砲町ショッピングセンター
【オープン予定】2014年10月
【計画地】大阪市堺市堺区
【開発者】イオンモール(株)
【面積】5万平方メートル
堺市・鉄砲町のダイセル化学工業・堺工場跡地における商業施設の開発事業に係る環境影響評価書が堺市に提出され、イオン堺鉄砲町ショッピングセンター(仮称)がH26年の末までに開業される運びとなった。




mikke.jpg
【施設名】mikke
【オープン予定】2014年10月中旬
【計画地】大阪市北区
【開発者】大阪地下街(株)
【面積】1,065平方メートル
1 日約 40 万人の来街者があるホワイティうめだの南西に位置する「ファンシーロビー」は、大阪市営地下鉄谷町線東梅田駅、御堂筋線梅田駅、阪神梅田駅に隣接するホワイティうめだの玄関口にあたります。ファンシーロビーは、ホワイティうめだの開業と共に 50 年以上多くのお客様に親しまれてきましたが、この度、美装化、動線の見直し、店舗区画の刷新と 20 代後半から 30 代の働く女性をコアターゲットとしたMD展開で新しい商業ゾーン「mikke(ミッケ)」として生れ変わります。

ion_wakayama.jpg【施設名】イオンモール和歌山
【オープン予定】2014年3月16
【計画地】和歌山県和歌山市
【開発者】イオンモール(株)
【面積】6万9000平方メートル
和歌山市の北部にあるニュータウン、「学園城郭都市ふじと台」の整備事業の商業ゾーンに建設。和歌山大学の麓に位置し、大阪方面、和歌山市方面どちらのベッドタウンとして近年、大規模な宅地化が進められている地域である。
国道26号沿いに建設され、北に大阪府泉南郡岬町や泉南市、南は和歌山市街からの交通が至便である。イオンモール公式リリースによると、自家用車で30分で行ける商圏人口は、約42万人、約16万世帯である。

<石川>


ieon-nonosaki.jpg
【施設名】イオンタウン野々市
【オープン予定】2014年11月15日
【計画地】石川県野々市白山
【開発者】イオンタウン(株)
【面積】7,215平方メートル


<岡山>

ion_okayama.jpg
【施設名】イオンモール岡山
【オープン予定】2014年11月
【計画地】 岡山県岡山市北区
【開発者】イオンモール(株)
【面積】8万8000平方メートル
イオンモールが、政令指定都市中心駅前の都市型商業施設を手がけるのは初めて。開発計画は、『西日本における旗艦店』と位置づけられ、年間2000万人の集客を見込む。OHK岡山放送のスタジオ、報道部門が移転、600席収容できるホール、シネマコンプレックスなどを備える。コンセプトは『おかやま未来スタイル創造特区』 であり、東京や大阪・神戸など大都市圏と遜色ない商品を取り入れた商業施設を目指す。都市型商業施設であるため、駐車台数は約2,500台と規模にしては少ない。

<山口>

ripie.jpg
【施設名】リピエ
【オープン予定】2014年3月
【計画地】山口県下関市
【開発者】JR西日本グループ
【面積】2500平方メートル
JR西日本グループでは、下関市が推進する「下関駅にぎわいプロジェクト」の一 環で建設中のJR下関駅ビルの1階及び2階に、ショッピングセンター「リピエ」を グランドオープン予定。



<熊本>

ieon-tasaki.jpg
【施設名】イオンタウン田崎
【オープン予定】2014年11月
【計画地】熊本県西区
【開発者】イオンタウン(株)
【面積】5,052平方メートル







<鹿児島>

amu.jpg
【施設名】アミュプラザ鹿児島 プレミアム館
【オープン予定】2014年9月26日
【計画地】鹿児島市
【開発者】鹿児島ターミナルビル(株)
【面積】約4,900平方メートル
鹿児島県鹿児島市の九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島中央駅にある複合商業駅ビルである。運営会社はJR九州グループの鹿児島ターミナルビル株式会社。JR九州の商業施設としてはJR博多シティに次ぐ規模である。鹿児島市の中心駅である鹿児島中央駅に立地し、施設運営のコンサルティングをパルコが行っていることから、駅ビルの要素とファッションビルの要素を併せ持つ商業施設である。


<福岡>

ieon-kurosaki.jpg
【施設名】イオンタウン黒崎
【オープン予定】2014年9月13日
【計画地】北九州市八幡西区
【開発者】イオンタウン(株)
【面積】約19,853平方メートル
北九州市八幡西区は、鎖国時代に海外に開かれた唯一の港、長崎へ続く長崎街道が通過していることから、黒崎宿や立場茶屋銀杏屋、旧高崎家住居(伊馬春部生家)などの貴重な文化財や史跡が残る地域。
当SCは、マックスバリュ(以下、「MV」)と92の専門店で「!」を毎日発信し続ける、お子さまからご高齢のみなさままで、全てのみなさまの元気と活気の中心となる場所を目指す。


lachic.jpg
【施設名】ラシック福岡天神
【オープン予定】2014年9月13日
【計画地】福岡県中央区
【開発者】(株)三越伊勢丹
【面積】約3,100平方メートル
9月13日(土)、福岡三越地下1階に58ショップからなる<ラシック福岡天神>が登場します。"ラシック"とは、いつも、自分の感性で見極めて、本当にふさわしいモノだけを選択する。そんな「個性の時代」を象徴する、「自分(私)らしく」という言葉から発するネーミング(造語)です。単なるブランド指名買いや、トレンドに振り回されることなく自分(私)らしくライフスタイルを楽しめる人たちの場所、という意味をこめています。


<長崎県>

hamacross2.jpg
【施設名】ハマクロス411
【オープン予定】
【計画地】長崎市
【開発者】(株)博多大丸
【面積】約2,653平方メートル
旧博多大丸長崎店の閉店後跡地にオープンする。博多大丸が複合施設「長崎浜町プラザ(仮称)」として開発を進めていた。施設は地上11階建ての1階?3階のショッピングゾーン、4階から11階のホテルゾーンで構成されている。ショッピングゾーンには「上質な品揃え」をテーマとした「ポールスチュアート」や「イルビゾンテ」、カフェの「プロント」などファッション、雑貨を中心としたテナントが入居する。ホテルゾーンは「上質なおもてなし」をテーマとしており、エフ・ジェイホテルズが運営する高級ビジネスホテル「ホテルフォルツァ長崎」が入居する。

スマホアプリかんたんリリース

「スマホアプリかんたんリリース」登場!
商業施設に特化したオリジナルアプリが開発費0円で制作できます。定額の料金プランと利用したいオプションを選択するだけ。

詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

Newsletter

株式会社Real iDでは、最新のお役立ちデジタル情報を隔週で配信しております。
過去のニュースレターはこちら

お申し込みはこちら