【限定50名様】これが欲しかった!「商業施設クライアントに突き刺さる企画書」差し上げます。

あと残り 19名様

商業施設に企画提案している代理店様・商業施設運営者様へ

この「商業施設クライアントに突き刺さる企画書」は、商業施設、ショッピングモールむけにのソリューション企画・提案書です。Real iDが独自に調査したSC業界の状況を分析した企画書となります。数量限定となりますので、ご希望の方はお早めに下段にある問い合わせフォームからお申し込みください。



pixta_6337181_M.jpg

この企画書は、このような方にきっと役に立つと思います。


1)商業施設をクライアントに持つ企画営業担当者様(広告代理店様、SIer会社様など)
2)商業施設の運営会社様
※Real iDの同業者、競合他社の方はお断り致します。


1)あなたの商業施設クライアントのWebは大丈夫ですか?


hatena0318.png


・あなたのクライアントの持つ商業施設Web上手く活用されていますか?
・お客様が本当に欲しい情報を、適切な手段、タイミングで届けていますか?
・ただ賑やかな作りで、セール情報やハウスカードの案内に留まっていませんか。

お客様が商業施設のWebで一番知りたいことは何だと思いますか?

商業施設、ショッピングモールに来るお客様が「Webのどのページを見ているか?」ということを、当社で調査いたしました。その答えがこちらになります。

1位 商業施設の営業時間、アクセス(場所、最寄り駅、駐車場情報)
2位 ショップ一覧(どんなお店があるのか)
3位 フロアガイド(各フロアMAP)

いかがでしょう?あなたの担当している商業施設のWebにも当てはまりませんか?もちろん多くのWebはGoogle Analyticsなどのサイト分析ツールを入れていますので、Webサイトのページ毎の閲覧順位を見れば一目瞭然でしょう。もし疑問に思うなら、一度あなたのSCクライアントにヒアリングしてみることをお勧めいたします。

「なーんだ、そんな事知ってたけどね」って言うのは簡単ですが、ここに大きな課題が隠れていることにお気づきでしょうか?上記のベスト3は、実際に商業施設によく行くユーザーに、SCのWebに求める情報についてヒアリングした際もその解答に一致しているのですよ。

お客様はパソコンでWebを見ているのか?

Untitled(4) (1).png
※博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター 「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第8回分析結果 より

ご存じの通り、今や商業施設に限らずWebの閲覧デバイスではモバイル(スマホ、タブレット)利用率が50%を超えています。つまり商業施設のWebをスマホで見る方は、平均値よりも圧倒的に多いのです。

商業施設ではファッション関連、雑貨、飲食店などが多く、20〜30代女性、ファミリー層をターゲットにしているSC様がほとんどですよね。つまりスマホによるSCWeb閲覧はどのSCも50%を超えてきているのです。これは実は担当者もサイト分析を調べていないだけで、紛れもない事実でと言えるでしょう。

2)結論、商業施設のお客様がWeb利用方法はこうです(これが一番重要)

user3.png
1)ユーザーは自宅ではPCやタブレットでSC情報を検索して、営業時間やアクセス方法などをを調べる。
   ↓
2)来館後はスマホでお目当てのショップを探し、フロアガイドを見てそのショップへ行く。
これは上記のデータから、安易に想定することが出来ます。これはほぼ、どんな商業施設においても当てはまるでしょう。

3)しかし、商業施設のWebには致命的な課題があります(本題に入ります)

ここで商業施設におけるWebに大きな問題があります。「商業施設様のWebは、スマホ対応していますか?」ということです。よくある例として、Webトップページだけがスマホ対応(スマホでアクセスした方にだけ違うURLへ飛ばす)していて、下層ページ(フロアガイド、ショップ詳細など)はPCと同じであるというサイトです。
これでは駄目なんです!まったく意味がありません。なぜなら、スマホで一番よく見られているページ、フロアガイドが見づらいからです!指でスワイプして拡大しないと見えませんよね。
screenshot_130.png

多くのお客様は来館後スマホを使って、フロアガイドやショップ一覧を見ながら行動しています。友達や家族の買い物の待ち時間や、お食事後の空き時間に館内のフロアを調べ、どこにどんなショップがあるかを探しているのです。これは広いSCであるほど、この傾向が強いと考えられます。
あなたの担当するSCクライアントのWebは全てのページにおいて、スマホ対応していますか?大丈夫ですか?

4)解決策、商業施設のWebを『レスポンシブWeb』対応すれば、全てのページがオールデバイス対応になります。

ここまでご説明すれば、だいたい分かりますよね。つまりユーザーが商業施設のWebを見る時は、PC、タブレット、スマートフォン等どんなデバイスで見ても、最も見やすいWebが求められているのです。それに対応したものが「レスポンシブWeb」です。これにより、買い物の空き時間を有効に使え、滞在時間が増える=買い上げ率伸びる=SCの売上UPに繋がるのです。 respons03.png
レスポンシブWeb対応のサイトを今すぐ見たい方、今ご覧の当社サイトのブラウザ幅をマウスで伸び縮みさせて見てください。横幅によって見え方が違うことが分かると思います。これが「レスポンシブWeb」です。

比較表 商業施設Web、通常のWebとレスポンシブWeb対応


Untitled(3) (4).png

レスポンシブWebって良いね!だけどクライアントに予算が無いなぁ...

「レスポンシブWebが良い事は何となく分かったけど、自分が担当するSCクライアントにはそんな予算は無いよ」と考えていませんか?ちょっと待ってください。ご存じの通り、SCのビジネスモデルは、入居しているショップさんからの賃料と、売上に応じたマージンなのですから、SC運営者はショップの売り上げを伸ばす施策であれば、そこにお金を投資できるのです。

お渡しする企画書・資料の内容を少しだけお教えいたしますと...

・レスポンシブWebについての説明(SCクライアントにまずは理解を深めてもらうもの)
・SCのWeb閲覧状況について
・実際にレスポンシブWebを導入している大手SC事例
・Webのランニング費用見直しによる費用創出方法
・サーバーを買えてもドメイン(URL)をそのまま使えます。
・各テナントが自発的に、自店情報などを発信してくれる仕組みについて。
・各テナントの担当者が自分のスマホから、SCのWeb情報を更新する方法について。
 など

今すぐ、SCクライアントに刺さる企画書をご用意いたしました。必要な方は下記申し込みフォームに「SC向けWeb資料ダウンロード希望」と記入して申し込んでください。

弊社にてお申し込み情報を確認の上、メールにて資料をお送りいたします。先着50社様となりますので予めご了承ください。(弊社判断のもと) ※同業者、競合他社の方はお断りしております。

【限定50名様】これが欲しかった!「商業施設クライアントに突き刺さる企画書」差し上げます。

お申し込みはこちら

スマホアプリかんたんリリース

「スマホアプリかんたんリリース」登場!
商業施設に特化したオリジナルアプリが開発費0円で制作できます。定額の料金プランと利用したいオプションを選択するだけ。

詳細はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

Newsletter

株式会社Real iDでは、最新のお役立ちデジタル情報を隔週で配信しております。
過去のニュースレターはこちら

お申し込みはこちら