『特命!がちょーん2020年東京オリンピックにむけて、訪日旅行者の需要を取り込め!』vol.1

〜商業施設、百貨店でできる効果的な「インバウンド対策」って何だ?〜

2020年東京オリンピック開催にむけ、何かと話題になる今日この頃。多くの百貨店や商業施設では「訪日旅行者の需要をどうやって刈り取るか」いわゆる

「インバウンド対策」

が重要命題となっています。


inbound_nanda.jpg
2013年ついに訪日旅行者数1,000万人を突破しました。2003年にスタートしたビジット・ジャパン・キャンペーンの成果もあり、ここ10年でほぼ倍増しています。安倍首相も2020年の東京オリンピックの開催に向け「2,000万人の高みを目指していきたい」と更なる意欲を示しています。
今、いろんな会社の経営陣、経営企画室、マーケティング関連部署の方々が「インバウンド対策」について検討されています。「早急にインバウンド対策に動け!」と、現場の施設運営、プロモーション担当の方に指令が飛んでいることでしょう。しかし!そんな簡単に会社上層部の方から言われても、現場の多くの方は「全く何から始めていいのか、わかりませーん (´д`)」というのが現状ではないでしょうか。
この『特命!がちょーん2020年東京オリンピックにむけて、訪日旅行者の需要を取り込め!』〜商業施設、百貨店でできる効果的な「インバウンド対策」って何だ?〜 シリーズはReal iDの知識を粋を結集して!?インバウンド対策で講じるべき施策や、需要に対する課題、特に的を射たデジタル対策などをまとめて、レポーティングしていきます。(こうご期待!)

今後のレポーティングネタを、ちらっと一部公開しますと…

  • 訪日旅行者のデータ集めはどこで調べる?
  • どこの地域が訪日旅行者に人気?それ以外の地域店舗はどうすりゃいーの?
  • Wi-Fiインフラを整える、各企業の取り組みについて。
  • 今訪日旅行者に人気のWEBサイトはどこだ?参考にしてみよう。
  • 外人さんの消費行動を見てみよう。
  • 店舗内での多言語POP案内について
  • 当商業施設のホームページはこのままでいいのか?
  • サイト内の多言語化対応
  • グローバルSEO対策
  • 機械翻訳で本当に良いのか?
  • 実は中国、韓国人旅行者が必ず手にする有効なフリーペーパーがある!

などなど…
このブログでは、どんどんネタを隠すことなく連載し、随時更新していきます。(おそらく週1回以上!)

ここまで読んで、ちょっと気になった貴方!

当社ニュースレター登録FacebookTwitterのフォローをして頂ければ、随時更新の案内を致しますので楽ですよ。
それではみなさん、よろしくおねがいしますね。

制作実績一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP