『RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)』とは

「RPA」とは、人間の代わりに働いてくれるソフトウェアロボットのことです。例えば、PCの画面上で「このメールを開いて、Excelに入力し、計算して出力する」といった一連の作業を、ソフトウェアにインプットすることで業務を遂行します。

デスクトップ上において、RPAソフトウェアのアプローチ方法は主に3つあります。

・座標で指定する方法
・画像認識を使う方法
・対象のオブジェクトを構造的に検出する方法

これらのアプローチ方法で、自動的に一連の操作を行っています。

関連記事

  1. 「来店コンバージョン測定機能とは」

  2. 『勝ち組のGoogleと、すき家の思わぬ共通点を発見!』

  3. ちょっと気になるアレ教えて…Webサイトで「お客さまの声」…

  4. 『デジタルトランスフォーメーション』とは

  5. 「タブレットPOS」って何

  6. 『インバウンド需要って何?』

  7. ARコード、拡張現実って何?

  8. 『レスポンシブウエブデザインとは』

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

制作実績一覧

最近の記事 おすすめ記事
PAGE TOP